スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

自転車に乗って

川の流れに沿って
君の働く小さな店まで
小一時間歩いたら夕陽が沈む
店の横に君の赤い自転車
ふたり乗りして 帰ろう

「ずっと一緒にいようね」って
君と指切りした
エプロン姿の君が手をふる
「約束どおりむかえに来たよ」
ふたり乗りして 帰ろう

自転車に乗って 口笛を吹きながら
リンリンとベルを鳴らし 僕のうちまで
帽子をかぶり
おそろいのスニーカー
すこし大きいスニーカー

このまま時間が止ってしまえばいいと
僕は空に向かって ため息をつく

ああ 野暮ったいくらい
君が 好きだ


スポンサーサイト
07:46 | VERY GOOD !! | comments (5) | page top↑

古い靴が乾いたら

明日 風が吹いたら
君に会いに行こう
昨日読んだドストの本を
届けてあげよう
持てないものは全部捨て
こんなに軽くなった
何度も雲を乗りかえる
待ちくたびれて泣きだす前に
君に本を届けよう
ドストの本を届けよう


明日 雨が降ったら
ここで君を歌おう
中まで沁みた古い靴の
手入れをしよう
想うほどそれは輝いて
色褪せることはない
やがて夜が遠くなる
泣き疲れて眠りだすころに
ぼくの靴は乾くだろう
そして大地を蹴るだろう


何度も雲を乗りかえる
夢からさめて起きだす前に
君に会いに行こう
古い靴が乾いたら
13:36 | VERY VERY !!! | comments (10) | page top↑

凸凹な影

いつのまにか
こんなに遠くまで
ひとり歩いてきた
振り向けばポプラの路に
ぼくの足跡がある

5月の風がほっぺたに
暖かいな
ポケットから
夢が落っこちて
ずいぶん軽くなったんだ

きらきらと輝く
斜めに差し込む朝の光
まぶしいな
いつかぼくが写した
想い出のキャビネ
捨てきれない夢なんだな

ああ!
取り戻せない距離が
この凸凹の影なんだな
5月の風を握りしめて
隙間から落ちるため息を拾う
金縛りのような
強い後悔をみる

この凸凹は
きみとぼくなんだな
きれいだな
きみを想う気持ちが
強ければ強いほど
光り輝くんだな

新しい校舎
農学部に続くポプラの路
イーゼルをかかえ
寄り添うように
凸凹の影は
ゆっくりと
ネガの中を行く

5月の風が
暖かいな
ぼくは
ぼくは
ここに居るんだな




10:22 | GOOD ! | comments (6) | page top↑

HELLO! MR.BASSMAN

おれはパーツじゃない
休憩時間に煙草をくゆらせ
憂鬱をもみ消して

主任は朝から部長にどやされる
ちいさな声で床を見詰めて
言い訳をくりかえすだけ
「代替えが居るから」と
今日も際まで追いつめられる
沸騰した殺意が
ポケットのなかで肥大する

夫を殺して無実になった女が居る
普通じゃない正義がまかり通る
なにが普通か解らなくなる

川のふちに建つおれの働く工場
赤と白 ストライプの煙突
咳き込みながら見上げる空に
ブルースを呟いてみる

戻りたい!
作業着を脱ぎ捨てて
帰りたい!
あの路地裏の

Hello! Mr.Bassman
おまえのベースで歌いたい
Hello! Mr.Bassman
Gのブルースをつま弾いてくれ

酔っぱらい相手のあの店
「自分らしくない!」と
飛び出した路地裏のあの店
すり切れた作業着
似合わないネクタイ
すり減った奥歯
捨てたはずのハープに
ため息を強く吹き込んで

Hello! Mr.Bassman
おまえは あの日のままか
Hello! Mr.bassman
Gのブルースをつま弾いてくれ

戻れない!
守るべき人が居る
帰れない!
あの路地裏の

おれはパーツじゃない
休憩時間に煙草をくゆらせ
憂鬱をもみ消して

15:57 | NO GOOD | comments (2) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。