スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

禁煙成功祈願

一本の煙草で

休まってしまうぐらいの

ちっぽけな憂鬱なら

大丈夫だ 

ユウウツじゃない

憂鬱は

喫煙なんかじゃ休まらない



どん底だと

泣き叫ぶ女を見た

そこがどん底だとわかるなんて

大丈夫

どん底じゃない

どん底は

そこにあるものじゃない
スポンサーサイト
19:34 | GOOD ! | comments (2) | page top↑

この床

靴の下にあるのは 古い床
靴の下にあるのは 古い床

鍵盤をたたくとき
弦をはじくとき
どうか この床のことを
想い出してほしい

染み込んだ暮らし
喜怒哀楽を書いた床

どうか忘れないでほしい
どうか想い出してほしい
ここに僕が居たことを
この床から生まれた
たくさんの歌のことを

誇らしげに光る
この床の上に
青春の影
想い
描いて

この床
23:05 | GOOD ! | comments (2) | page top↑

分身

君の中にいる僕のようなモノを
いつかそっと抱きしめてくれ
ソレはきっと嬉しそうに
ひざの上で眠るだろう
朝まで君に抱かれて
嬉しいか?
僕がいなくなっても
面影
ソレのどこかに

君の中で育つ僕のようなモノを
いつまでもそばに置いてくれ
カレはきっと切なそうに
君の愛に溺れるだろう
強く君に抱かれて
苦しいか?
僕がいなくなっても
面影
カレのそこらに

なあ
僕が教えた歌を
カレに聴かせてくれないか?
そうだよ 君に贈ったあの歌だ
「あなたのパパの歌よ」と
鼻で唄ってくれりゃいい
そうだ
そうしてくれないか?



僕の中にいる君のようなモノを
消しゴムで消してしまえたらな
君はきっと眼を吊り上げて
朝まで僕をなじるだろう
でも僕はそれを止めない
知りたいか?
僕がふたりもいたら
純情
あちらこちらに

僕の中で育つ憎悪に近いものが
悪いがとても大きくなった
それは誰が描いた絵でもなく
僕自身に言い聞かせた宣告だった
枯れ果てた命の水を
飲みたいか?
僕がいなくなっても
口笛
いつもそこらに

なあ
僕がかぞえた朝を
カレと迎えてくれないか?
そうだよ それがいい
「あなたのパパは弱虫だよ」と
鼻で笑ってくれりゃいい
そうだ
そうしてくれないか?



04:52 | VERY GOOD !! | comments (8) | page top↑

まだ温かい砂の上に

ここから見える景色を
しっかりと眼に焼き付けておこう
まだ少し温かい砂の上に
サンダルをぬいで座ろう
押し寄せる波の遥かむこうに
とても静かな夜

静かな夜を集めて
いつか僕の歌になればいいな
君を想う声は空を越えて
この手離れて
温かな砂は朝までもたず
だけどまた新しい陽を受けて
新しい僕になる
新しい君に新しい僕が
新しい時を

僕の左手が覚えているもの
風をさえぎる木のように
もう強い意志をもつことはない
しかし意志のない想いなどないのだと
いつかきっと動く強い意志になれ
ここから見える景色を
しっかりと眼に焼き付けておこう
まだ少し口元に笑みを
まだ少し明日に想いを

ひとの想いはいつまで続くのかな
新しい朝が来て
新しい君になる
新しい僕が新しい君と
新しい道を

ここから見える景色を
しっかりと眼に焼き付けておこう
まだ温かい砂に腰をおろして

君に会いたい
03:57 | GOOD ! | comments (2) | page top↑

旧友再会夢かぞえ唄

むかし 君はボロをまとっていた
待ち合わせの場所に自転車を転がしてきた君は
額に光る汗をくしゃくしゃになったバンダナでぬぐう
ボクたちは夢の数をかぞえた
テーブルの上に並んだ夢に名前をつけた
そして ひとつ ふたつ
空に飛ばした

空はいつも笑っていた
直ぐなこころに降り注ぐ ときに雨になった
こころにできたカサブタが ボクたちの勲章か
転んでもすぐ起き上がるバネの上に座る
青いトタン屋根のもっと向こうに
いつも みっつ よっつ
夢を飛ばした

旧友再会

今の君はとても高価な服を着ていた
駐車場に停めたSクラスはとても眩しかった
金のブレスが邪魔で固い握手は遠慮した
札束と同じくらいぶ厚い領収証の束を入れた財布に
あの日見た夢などなかった
そして いつつ むっつ
鼻で笑った

モノは決して裏切らないと君のまわりはモノであふれた
想いが詰まった贈り物やそうでないものもごっちゃに
地位や名誉を買うために君は魂をも売りはらい
すってんてんのプライドを積んだメルセデスがある
あのころなりたくなかったイヤな大人を見た
しかし ななつ やっつ
時は静かに

途中まで一緒に走ろうとぼくはSクラスのあとを追う
6ボルトの古いビートルは息を切らし君のしっぽを追いかける
いつもそうだがぼくは君にあこがれた
信号まちで2台並んだ旧友再会僕らの車
しかしオンボロを見る彼の眼は逆にかがやいた
いいか? ここのつ とお
夢をかぞえて

ひとつ ふたつ みっつ よっつ いつつ 

むっつ ななつ やっつ ここのつ とお

旧友再会

夢かぞえ唄
23:58 | VERY GOOD !! | comments (5) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。