スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

バス通りギター工房

だらだら坂を登り一息つくと
古い民家の並ぶちいさな街がある
そこだけがまるでちがう国のようだと
サングラスに映る街を眺めた
時を抱きしめる避暑地のように
この街は静かだ
ぼくは角にあるカフェの椅子に座り
登ってきた坂に眼をなげる
かげろうの立つアスファルトに
青くて古いバスが見えた

日曜の朝という絵の中にいるぼくは
これっぽっちの憂鬱に浸るぼくではない
日常というリアルの中で眼を吊り上げるぼくに
約束のない一日を楽しめという
ここはバス通り


どこだ?
トントントントン
風の中にひびく渇ききった音
ぼくは音のする方に歩いていった
コンサートホールのような静寂
なつかしい風がしのびこむ
トントントントン
だんだん近くなってくる
路地のどんつきに白いワーゲンバスが停まっていた
木でできた縦長の窓をもつ古い家だった
「OLD GUITAR WORKS」という看板がみえた

こんなところにギター工房
ヒゲをたくわえた長身の男のひとが中にいた
眼が合ったのでぼくはコクンと頭をさげた
やさしそうなひとだった
「なにか?」と訊かれたので 
ぼくは
「ギターを作るんですか?」と訊いてみた 
かれは笑いながら
「買ってくれる人がいればね」と言った

かれはぼくに工房の中を見せてくれた
洋館のような白いアトリエだった
古いが手入れのいきとどいた工房
制作よりも修理のほうが多いのだという
年代物のD-28 トップの割れた赤いギルド
ネックの折れたウクレレ 溜め息でそうなOLD GIBSON
調整を待つたくさんの患者たちがいた
「捨てることができないんだろうね、これから生き返る患者たちさ」
と, 眼を細くする
「患者?、生き返る?」
「そうだよ、再生できる人生 . . . . . 」
ぼくはうなづくことにみょうに律儀だった
かれは
「大変だよ、けっこう . . . . 」
と、笑った


だらだら坂を下り橋を渡るとぼくの家がある
無性に家に帰りたいと思った


ぼくはギターケースの中にいた。






スポンサーサイト
01:05 | VERY GOOD !! | comments (8) | page top↑

今日ぼくであること

今日ぼくであることを
今日ぼくであることを
だれになることも望まず

アーモンドグリーンの窓枠
そこから見える電停の
駆けてそこに行き
誰を待つ

丸く刈った頭を
すっぽりと隠す革の帽子
電停に積もる名残の雪
降りてくる影の寒そうな頬に
今日ぼくであることを

どこに行っていた?
待っていたんだ
あの古い店のテーブルに肘をついて
ぼくは待っていた
ぼくは待っていた
誰を待つ

幸福になりたいと願う
ぼくでありたいと願う
だれになることも望まず
12:47 | VERY GOOD !! | comments (4) | page top↑

BYE BYE LOVE

地下鉄の駅から
とぼとぼ歩く犬がいる
探しているのは飼い主なのか
びっこの犬はここでは目立つよ
淋しそうだろ?

空き缶けとばす少年の
ポケットの中にあるもの
武器のような無垢と液体のような純情
片足ひきずる犬はどこだ?
口笛を地面にこすりつけて
楽しそうだろう?

自閉症患者ウォークマン
信号の色を食べてしまうよ
バンパーを擦った放浪の美人
くわえ煙草は絵にならず
年中事故処理面倒御免
かわいそうだろう?

さすらいの紳士はダブルのスーツ
指にはさんだセカンドバッグ
ライターのあかりで照らす進路に
見覚えのあるびっこの犬
くんくん鳴らす濡れた鼻先
疑心暗鬼な足蹴り一発
そりゃあねぇだろう?

薬がなけりゃ行けないところ
まだ見ぬ碧い空のふもとに
うぉんうぉんと啼く親のない犬
裁きは今をしのぐ風のなかで
裁きは今をしのぐ風のなかで
嬉しそうだろう?

BYE BYE LOVEと書いた
滅裂な文字よさらば
BYE BYE LOVEと唄う
アホウのような夢よさらば
たとえ今 人生の道に欠席しても
誰も気づきもしないだろう
そりゃあそうだろう?

04:08 | VERY GOOD !! | comments (4) | page top↑

ぼくの空ときみの庭

ぼくだらけの空に満天の星
どこから食べてしまおうかと
きみは戸惑っていた

きみだらけの庭にたくさんの花
どこから摘んでいいのかと
ぼくは戸惑っていた

星は相変わらずそこにあって
きみが歩きやすいように
いつも足もとをてらす
だから今日も無事に家にたどり着く
スポットライトのように
いつもきみだけを照らして

庭は相変わらずそこにあって
ぼくがいつも笑えるように
いつも花を咲かせる
だから今日もこころ和むぼくでいられる
カンバスに散る絵の具のように
いつもぼくだけをえがいて



昼と夜



ぼくだらけの空に満天の星
どこから食べてしまおうかと
きみは戸惑っていた

きみだらけの庭にたくさんの花
どこから摘んでいいのかと
ぼくは戸惑っていた
01:48 | VERY VERY !!! | comments (2) | page top↑

傘をわすれたぼくは

ぼくがいちばん辛いときに
ぼくがいちばん落ち込んでるときに
ぼくのそばから離れていったぼくの友よ
ぼくがいちばん泣きたいときに
ぼくがいちばん眠れぬ夜に
ぼくのそばから離れていったぼくの友よ

離れていてもひとつになれる恋がある
一緒にいてもひとつになれない恋もある

きみがいちばん好きなものは
パレットのうえで交わることのない純情か
24色の声を持つ優しすぎる王子様にはなれなかったな
ちかくにいるのにいつも遠く感じるのは
降り出した雨のせいじゃないだろう
そうだ 最初から雨は降ってた
だからぼくはきみの傘になったのに

ぼくがいちばん辛いときに
ぼくがいちばん落ち込んでるときに
ぼくのそばから離れていったぼくの友よ
ぼくがいちばん泣きたいときに
ぼくがいちばん眠れぬ夜に
ぼくのそばから離れていったぼくの友よ

傘をわすれてきたね
ゴミの日にステーションの片隅にでも



23:59 | VERY GOOD !! | comments (8) | page top↑

知らない街の知らない風と

ここにいるのはボクだろうか?
背中を丸めた眼鏡の男
コンビニのガラスに映るのは
いつもとちがう風にとまどう男
そうだろうか?
とまどってなんかいないさ

とまどうのは価値観というモラルと
捨て去るという手段と
こころのリハビリにもならない親切と
きみがいないホテルの朝と

だれもボクのことを知らない
だからここでボクを殺すことはない
ほんとだ
サイレンが聴こえる
眠らない街 東京
だれもいない
ボクを知るいちばんの理解者は
ここにはいない

噴水の山のうえで眠る若者よ
目的は路地裏でひしゃげるブリキの唄
パレードのような誘惑
ばかばかしいボクの帽子
目のみえない錯覚を着た少年
誰に頼まれたか白状してみろよ
えっ?取り調べかい?
大丈夫だ
きみはきみじゃないしボクは誰だろう?
リハビリはこころの鬱を奮起させ
ボクはここで

知らない街の知らない風と
ボクはここで
09:49 | VERY GOOD !! | comments (2) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。