スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

流れる雲のように

ボクの人生は
流れる雲のよう
向こうの山からこっちの山へ
行ったり来たり

腹がへったら
ござを広げて
トンボやちょうちょやアリさんたちと
夢でも喰おう

雨が降ったら
フキの葉っぱの下で休もう
土が揺れたら
決して子の手を離さずに

ボクの人生は
流れる雲のよう
夕焼け空に口笛吹いて
ぼちぼち行こう



スポンサーサイト
03:56 | VERY GOOD !! | comments (2) | page top↑

根の太い古木の下で

そこに行こうと思う
わたしはそこにあるものに触れたいと思う
それはとてもやわらかなもので
風になびくタンポポの綿毛のようにも見え

寄り添う古木を探した
何年もそこにある根の太い古木は
なめらかに流る河のふちに立っていた
見守るように垂れるハルニレの木
そこに行こうと思う
そこにあるやわらかなものに
そっと触れてみたいと思う

根の太い古木の下で育つものは
想いが重なる歌のようにも聴こえ
わたしは胸の前で手を合わせ
そこで糸のような声を聴くのだろう
そこに行こうと思う
やわらかなものに触れたいと思う
日常というわたしだけの誇りを
埋もれそうになるほんとうのわたしを
そこで広げてみたいと思う

そこに行こうと思う
根の太い古木の下に
やわらかなものに触れたいと思う
根の太い古木の下で

根の太い古木の下で




02:28 | VERY VERY !!! | comments (4) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。