スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

メモ

肩をぶつけて歩くのは失礼かと思い
ぼくは人混みの足のほうでうずくまっている
あしげにされるのは慣れていたのでこのほうがいい
都会の空は誰がつけた色なのか青のようで青じゃない
ここはどこですか? 

ぼくが誰かを好きになったら
ぼくのこころにひもをつけて歩いておくれ
あなたはあなたの空にぼくはぼくの空に
きょうも虹を探すんだよ
ここはどこですか?

人のうえに人をつくれば淋しいな哀しいな
あなたのヒゲはぼくのプライドにはほど遠く切ないな
誰かのせいにして飛び出した街の空を思い出しやるせないな
足が痛くてこころだって痛くてぜんぶ痛くてね
ここはどこですか?

海沿いに道に見覚えのある風があった
ばかげたことを唄うこころないシンガーがいた
サングラスの奥の魂胆をぼくは知っているよ
薄っぺらな愛情からキミは生まれてきたんだね
ここはどこですか?

旅なんかしなけりゃよかったと
ぼくのなかの誰かが笑う
どこなんだろう?
誰れなんだろう?
知りたくもない
スポンサーサイト
16:00 | GOOD ! | comments (0) | page top↑

わたしは

わたしはわたしのせいでこうなったのだ
自由を語る神のようなひとをわたしは殺した
それはずっとまだわたしがわたしでなかったころ
川のむこうで手をふるわたしを知らなかったころ
残酷さはときに快楽のごとく
わたしは

きのうのことがなければ
きょうはもっと素直
になれた
なにもない空の彼方に飛ばそうとする命
これきりにしたほうがいいのだ
これきりだともう
わたしは

わたしはわたしのせいでこうなったのだ
誰にたのまれてこうなったのではない
命を刻む時をも捨てて
この旅 この指
わたしの

誰を恨んでいるのか?
なぜそれを急ぐのか?
わたしはそれが知りたい
でも知りたくはない
わたしは
00:16 | GOOD ! | comments (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。