スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

陸が続いていたら

温もりが伝わるアスファルトに
履き替えたタイヤの跡が残る
ここから君の家まで何マイルもある
海がなければ伝わる温もりなのに

帰りたいと思う
君のそばにいたいと思う
いいことがなにもない毎日なら
ここにいるのはたぶんぼくのニセモノだろう
なじられてもくじけないこころは
勲章といえるほど清くはない
ここがぼくの街ではないことは
海をこえた日から解っていた
風がちがう

ぼくは何をしに来たのだろう?
稼ぎより分厚い領収書の束を抱え
還付される待ち遠しい夢のような日々よ
ぼくはただの労働者のごとく
帰りたいと思う
君のそばにいたいと思う
風がちがう

温もりが伝わるアスファルトに
履き替えたタイヤの跡が残る
ここから君の家まで何マイルもある
海がなければ伝わる温もりなのに

スポンサーサイト
03:03 | VERY GOOD !! | comments (2) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。