スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

わたしという花

近道も遠回りもない
ぜったいといえるものを抱いていた
ぜったいといえるものとは誰の身にも
誰の身にも訪れる
わたしも必ずそこへ行く


わたしを創り上げる細胞のひとつをつまんで
空のむこうの遥かに飛ばした
いつかそれが雨の粒に紛れ
疲れきった大地に舞い戻る
きっときっと舞い戻る
ねえ
わたしが花になったことは内緒よ
風にふるえ寒そうな花
まっすぐな畝に並ぶたくさんの花
太陽の叱咤に眩しそうな花
笑うように咲く花
ねえ
いちばん嬉しそうな花がわたしよ
べつの空からわたしをみつけてほしい
もしもわたしが泣いていたら
すこしだけでいいから手をふってほしいな
わたしはあなたを忘れない


近道も遠回りもない
ぜったいといえるものを抱いていた
ぜったいといえるものとは誰の身にも
誰の身にも訪れる
わたしは必ずそこへ行く



スポンサーサイト
19:20 | VERY GOOD !! | comments (6) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。