スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

片道1000kmの道のりを

記者は誰かの死亡記事の締め切りで急いでいた
予想外の出来事でとてもあわてていた
デスクはイライラの極地になった
約束したデートに行けなくなったと
こころの奥で舌をならした
死亡したのが誰であってもよかった
著名な歌手の自殺などめずらしいことじゃない
ただこなすだけの仕事に不満などなく
流される自分をむしろ愛していた
言われたことをすれば褒めてもらえる
そこに自分を入れ込む必要などないのだから


社長は自分の子供が不登校だということを知らなかった
とうぜん悩み事の核心など知る由もない
なにを憎みなにに脅え何を探しているのかも知らない
要するにそんなやつに管理されている会社だからのびないのだ
社長は自分の子供に問いかけたという
「学校に嫌いなやつでもいるのか?」と
子供はあきれたような顔をして
「パパがいちばん嫌いだ!」と
大きな椅子に座ることの意味を考えたほうがいいな
高い所から見下ろす景色に酔いしれる暇があったら歯でも磨け
歯ぎしりの隙間からもれる完璧なる無知をさらして
茶番のような一日を明日も抱きしめるといい
家族を守ることのできないお前についてくる部下はない
会社を守ることのできないお前についてくる家族はない


これ以上嘘はつかないでほしいとみんなで手紙を書こう
出来なかったでは済まないと解っているならここで舌を切ってもらおう
約束はそれほど厳しいものだと命をかけて唄ったはずだ
こころ踊るような国にしてくれと頼んだわけじゃない
正義だけがまかり通るかたぐるしい話をしたわけじゃない
あふれ出る水を抑える手はいくらでもあるのに
やはり偉くなるとひとは下から湧き出る愛を聴かない
この茶番を子供たちによく見てもらうがいい
この失態を老人たちの耳にやさしくしずかに届けてほしい


死亡記事の締め切りに追われる記者がいた
子供に嫌いだと言われても気づけない社長もいる
無責任な顔をしてるが決してかれらは馬鹿じゃない
馬鹿の上にそれ以上の馬鹿がいるから
なんとなくつじつまが合う物語ができるのだ
不登校の子供よ 君はひとりじゃない
死んでいったカリスマよ さようなら
大きな椅子に座るピエロのような君よ 幸せに
この船の舵をとる愛に乏しきリーダーよ バカヤロー
おれはただ この片道1000kmの道のりを
無料で走ってみたいと強く強く願うのだ


おれはただ この片道1000kmの道のりを
無料で走ってみたいのだ
スポンサーサイト
10:09 | GOOD ! | comments (5) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。