スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

風はさすらいの唄に似て〈再投稿〉

どれぐらい経つだろう
この街と暮らして
地下鉄駅の近くで
ペットが飼える部屋がいいと
君と不動産屋をまわった

少し震える肩を抱いて
合鍵を確かめて
一緒にゴミを捨てに行き
いってらっしゃいのキスをして
連名で判をおした支払い計画書をながめて
僕はささやかな覚悟をした

戻れない旅だと
心のなかで何度も繰り返した言葉を
カンバスのうえに並べた
ぎこちない共作の上を吹き抜ける風は
さすらいの唄に似て

ひとり暗い部屋のドアをあけ
君の靴がないことに気づいた
右下がりの君の文字がうずくまる
この部屋の広さを思い知る

ベランダから見下ろす街に
ちいさく見えるバス停に
君の面影をさがしてみる
いまから追いかければまだ間に合うのに
そうしない僕の後ろめたさに

どれぐらい経つだろう
この街と暮らして
何も変わらない街の灯りに
何も変わらない僕の暮らしに
眼の下に広がるささやかな団欒の灯り
深い眠りについたこの街に
ひとつだけ消し忘れた家の灯りがある
あれが僕たちの団欒なら
そんなことを
そんなことを想いながら

あした この街を出よう
面影と暮らす君の猫を抱いて
そう 君と歩いた河川敷のふもとに
そっと 合鍵を捨てていこう

風はさすらいの唄に似て




07:26 | VERY VERY !!! | comments (17) | page top↑
青春というリアル | top | 落書き

コメント

# こんばんわ
HOBOさんの言葉には体温があって、人間くさくて優しいね。
疲れた心に染みるよ。

by: ノラ | 2008/10/13 00:09 | URL [編集] | page top↑
# こんばんわ!
ちがうのさ。
温かくなんかない。
けっこう冷たい。
ただ、温かくしてもらいたい想いは強い。
自分さえよければいいHOBOだから幸せが逃げていく。笑
でもね、いつも震えるぐらい感動しながら言葉をひねりだし
てるHOBOってそうとう変なやつだと思うよ。笑
by: Mr.HOBO | 2008/10/13 00:46 | URL [編集] | page top↑
# 素敵ですね
飾り気のない血の通った言葉たちで綴られた詩ですね
私にゎ到底マネできない
リアルな世界が広がっています^^
とてもせつない気持ちになりました
by: 愛音 | 2008/10/13 00:57 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/10/13 01:36 | URL [編集] | page top↑
# おはようさんざす!愛音さん
いつもありがとう!
いやー、けっこう薄っぺらで。笑。
ただ、曲の歌詞を書くこともあるので、物語、風景が
見えてくるよな描写は心がけざす。
心というカメラはヨドバシカメラには売ってません。
ぼくの引き出しにある想い出の数、いや、もしかしたら
泪の数なのかと。上と下の極端を見ないと、「リアル」は
カタチだけ、それは見破られる。見るとそんなブログが
多いざすね。だからリンクも慎重になるし、リンクの仲間
はより深く関われたらと。
これからもよろしく!
HOBO
by: Mr.HOBO | 2008/10/13 09:46 | URL [編集] | page top↑
#
あったかいものはあったかいです。

美しい言葉です。


by: 響わたる | 2008/10/13 22:56 | URL [編集] | page top↑
# WATAくんは生きてるのか
てけつつうらいのWATAくんは充電中ですか?
温かい。。。か。
んー、そうありたいな。そうありたい。
ありがとう。
by: Mr.HOBO | 2008/10/14 00:42 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/05/24 15:03 | URL [編集] | page top↑
# 初コメ!
えっと
初コメです!

いいブログですね^^
一つ一つの言葉から何かを感じます

ブログのURLを載せておくんで
見にきてくださいね^^
by: 裕 | 2009/05/24 22:54 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは、裕君
URL OK !
ことばは心の鏡。
覗き込めば魂が浄化されます。
打ち明けて、さらして、積み重ね。
裕君!頑張ろう!
有り難う!

HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/05/25 01:18 | URL [編集] | page top↑
# 戻れない旅
こんにちは。
今、ピアノの調律の音色を聴いております。

現実と非現実が巧く折り合い、かみ合い、
作者の力量が成せるものなのでしょうか
どこまでが現実で非現実なのか
はてな?

 >戻れない旅だと

 戻れる旅なんてあるのでしょうか、途中下車はありですが、
by: t.gray | 2009/05/26 10:41 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。t.grayさん
旅は戻れないから辛いですね。
だから一人旅がいい。
ひとりとひとりでときめく旅がいい。
戻れないから、捨てるか逃げるか。
途中下車はときめく旅に雨を降らせます。
みんな、そんな旅を抱えているのです。
だから人生なのです。
自分になることです。
自分になればいいのです。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/05/26 23:36 | URL [編集] | page top↑
# いつもながら
タイトルから強烈な世界観をもっていますね!
どうもお久しぶりのコメントになります(>_<)
ただいつも読ませていただいてます♪

届くことのない気持を何度も自分自身噛み締めるかのように
確かめるかのように心で繰り返すコトってありますよね

思い出ゎ素晴らしければ素晴らしかっただけ
痛みさえ鮮明に思い出せますね
あたたかかった日
孤独を受け入れた日

ホントにさすらいの唄が聴こえてきそうです
by: 愛音 | 2009/05/27 17:42 | URL [編集] | page top↑
# 愛音さんへ
コメント、ありがとう、愛音さん!
足跡、いつも見てました。言いたいことがたくさんあるから作品がうまれます。愛音さんの作品を見ていて心の状態がわかるように、日替わりのこころはとてももろく、ときには強靭で。「想い出」というのは月日が経てば経つほどひかり輝き、色褪せないものですよね。だから想い出のあるぼくは幸せかもしれません。これからも静かに愛音さんのブログ、拝見、コメントさせてもらえればと思っています。頑張ってくださいね。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/05/27 22:47 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/02/13 03:01 | URL [編集] | page top↑
#
初めてコメントします…

切ない記事ですね…

私も昔 長く付き合って別れた彼が居て…

思い出しました…

赤い糸が結ばれて無かったんだと…

でも今でも忘れることの出来ない恋愛です…
by: 風の子 | 2012/03/10 19:21 | URL [編集] | page top↑
# 風の子さんへ
訪問、コメント、ありがとうございます。
記事というか、作品ですので主人公が自分とは限りませんよ。
でも、胸が痛くなるような想い出や後悔する気持ちがあるひとは、
幸福だと思います。風の子さんにとって忘れられない恋ならば、
彼もきっと同じだと思いますよ。だから恋はひとを育てるんでしょうね。
ありがとうございます、
またいつでもいらしてくださいね。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2012/03/12 10:33 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。