スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

君だといいのに

なんて やさしい声
どこかで聴いたことがある
君のひざの上で聴いた唄
やすらげる場所を探し
いつも君のひざの上にたどり着く

僕のカタチは僕だけのモノで
僕以外のモノになりたいとは思わない
なにが らしいのかは解らないが
いつも僕は君のひざの上で
アンモナイトのように丸くなる

きのう 似顔絵を描く少女に会った
1000円で描ける僕の似顔絵
驚くほどの出来映えだった
「似てるね」と褒めてやると
少女は猫のようにノドを鳴らした

ひとは自分が見えないという
自分のことが一番わからない
だからいつもそれを探そうとして
かけがえの無いモノを見失う
やるせない時を思い知る

子守唄のように聴こえたのは
僕がたてた僕の寝息なのか
夢にでて来た絵描きの少女は
僕を僕らしく見せた君だったのか
それが君の らしさなのか

狭い部屋のまん中に
アンモナイトのような僕がいる
うずくまる後悔のまん中に
ささやくような唄がある
それが君の声だといいのに

ねえ 君だといいのに







03:25 | GOOD ! | comments (3) | page top↑
天空こえて | top | 失明した犬を知ってるか?

コメント

# 安らか
そうゆう時間が流れていて、そっと髪を撫でそうになる。
まどろみが全てを包んで泣いてもいい気持ちになるよ。
「ユメ ノ ナカナラ ナイテモイイヨ」って。

by: nora | 2008/10/17 07:06 | URL [編集] | page top↑
# おはよう!
おはよう、ノラさん。
唄の歌詞としてイメージしました。
照れくさい発想、子供じみた男。
イメージは加齢シュウでしょうかね。笑
by: Mr.HOBO | 2008/10/17 09:14 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/10/19 10:26 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。