スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

半分欠けた月

ふぅーっと
ふかいため息
半分欠けた月 見上げて 
ひざの隙間にね

おまえが初めてこの部屋にやってきてから
どれぐらい過ぎたかな?
ぼろ布のようなオレの暮らしに
住みついたりして

わかったような顔をして
言葉の色を確かめてね
口の動きでわかるなんて
すごいな

窓の外は風が強くて
おまえなんか飛んでしまう
我慢ばかり覚えるとね
真っ平らな顔になっちまう

なあ おれでいいのか?

聞く耳のないおれには
おまえの声が聞こえない
口の形で何を言ったかわからない
泣いているのは嬉しいからだと
解釈は常におれ側にあるものね
知らなかったんだ
おれの影を踏みながら道草を食う
顔色をうかがいながら「おやすみ」をいう
叱られないように先回りする

おまえがお前らしく
得得とおれのなかで踊る
首筋にはっきりと意志をもち
おまえがお前になったとき
やっとおれは 俺になるのかな と

おれと生きることで
おまえが自分らしく生きられないのなら
おれ 辛いもの

ふーっと
ふかいため息
半分欠けた月 見上げて
ひざの隙間にね

12:08 | GOOD ! | comments (6) | page top↑
はないちもんめ | top | あなたの歌

コメント

# No title
こんちは。
お久し振りです。

人に満月なんてないのでしょう。
お互いに欠けた月なんだ、
ということが分かり合えれば、
許しあえれば、
それでいいかな、と思ったり。
ただ、無理して満月になろうとする姿には
愛おしさと切なさを感じますね。
そういう相手は、かえって大事にしたい。

by: きょう | 2008/10/19 11:54 | URL [編集] | page top↑
# 久しぶりだ!
満月はないか。
そうかもしれないな。
わかり合える関係。
そうかもしれない。
もっとやさしくなれたら、と思います。
いつもありがとう!きょうさん。
by: Mr.HOBO | 2008/10/19 12:51 | URL [編集] | page top↑
# 自分らしく
自分らしく生きるには失ってみないと分からなかったりする。
居心地の悪さと、言えずじまいの言葉。
息は吸ったら吐くものだと、ね。
by: ノラ | 2008/10/19 20:19 | URL [編集] | page top↑
# ノラさん
自分らしくと言ってもねぇ、
自分ってなんなんでしょうね。
そうです、失ってはじめて気づくものがある。
そうなんです。健康とか。
by: Mr.HOBO | 2008/10/19 22:44 | URL [編集] | page top↑
# いつもながら
生活の匂いがする詩ですね^^
月ゎ欠けて見えるケド
実際ゎそうじゃなくて
人の心も
見えてる部分に理想があって
隠れてる部分に現実があるのカモ
とか、ちょっと妄想してしまいました(>_<)

>我慢ばかり覚えるとね
>真っ平らな顔になっちまう
ここすごい好きです
by: 愛音 | 2008/10/20 12:30 | URL [編集] | page top↑
# 愛音さんへ
いいこと言うね!
ありがとう!そうかも知れないね。
現実と理想?
そうだ!その通り!
そうできない無常感、伝わったでしょうか?
by: Mr.HOBO | 2008/10/20 22:34 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。