スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

おいで僕のベッドに

おいで 僕のベッドに
おいで 僕の隣に
おいで 心がこんなに 冷たい
君も 淋しかったんだね
信じるものが なくなったんだね
今夜 男と女が 泪を落とした

白いホテルの窓から見える
うかれ顔の おどけた街
そうさ 今夜もきっと誰かが
泣いてるよ この街で

おいで 僕のベッドに
すべてのものに 背中むけた夜


最初で 最後だったね
これで 会うこともない
ドアを開いて出ていく君に さよなら
僕は 窓にこしかけ
道行く人の群れを見てる
交差点 何もなかったように
振り向かず 君が消えていく

白いホテルの窓から見える
うかれ顔の おどけた街
そうさ 僕も五分あとには
あの群れの中を 歩いてる

ひとつの 恋が終わり
一日がまた 始まろうとしている
03:37 | GOOD ! | comments (5) | page top↑
あの丘こえて | top | 公式なんか!

コメント

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2008/11/03 15:39 | URL [編集] | page top↑
# かなしいですねー(>_<)
いつもながら情景が浮かぶ詩
見事です^^

この肉声のような歌詞って
歌うコトも作るコトも難しいブルースの世界観を
上手に使いこなせるHOBOさんならでゎですよね
by: 愛音 | 2008/11/03 22:29 | URL [編集] | page top↑
# 愛音さんへ
ぼくが23歳ぐらいのときに書いた曲です。
16ビートのR&B,ロッカバラードですね。
センチでめめしい詩ですが曲がつくと感じが違いますよ。
オールディーズやモータウンの詩をみても、恥ずかしくなるほど
ストレートでけっこう女々しい。
この曲いいんだ。
自分で。笑
ありがとう!
HOBO

by: Mr.HOBO | 2008/11/03 23:01 | URL [編集] | page top↑
# No title
こんばんは。
若い頃って、感情をストレートに表現できる
パワーがありますね。
年をとるとどうも素直じゃない(笑)
若い頃が懐かしいなぁ。

by: きょう | 2008/11/04 00:31 | URL [編集] | page top↑
# きょうさんへ
素直にならないとね。
裏を読み過ぎたりね。笑
パワーって、感動する力のことでしょうかね。
感動できる毎日、確かに、懐かしいなあ!
きょうさん、有り難う!
HOBO
by: Mr.HOBO | 2008/11/04 01:03 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。