スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

今の僕は空っぽで

ポケットの中の常識やプライド
思いやりもあったけど どっかへ捨てた
ひとやまいくらの箱に入れられ
頭をぶつけながら 坂を降りてく
ポプラの木が格子のように並んで
山間に僕の青空が見える
しっかりと箱に貼られた 黒いレッテル
僕らはもう ひき返せない

自由が欲しいわけじゃない
ただ僕が僕でありたいだけなのに
はるか 有刺鉄線の向こうに
手をのばしても 届かない 僕の青い空


タンポポの上に座り目を閉じれば
僕の夢を抱え 泣いてる 君が見える
「待ってろ!必ず むかえに行くから!」
まるでレオンとマチルダみたいだ
きれいじゃなくても 汚れずに
ただ真っすぐに生きて行こうと
嘘をつくのと同じくらい熱心に
君を愛せたら よかったのにね

君が欲しいわけじゃない
ただ君がいた夏が欲しいだけなのに
はるか有刺鉄線の向こうに
淋しそうに浮ぶ  君の白い雲
08:00 | GOOD ! | comments (8) | page top↑
図書館前 | top | 人生おっぱい

コメント

# No title
こんばんは。
切ない詩ですね。
>嘘をつくのと同じくらい熱心に
 君を愛せたら よかったのにね
このフレーズが胸に刺さります。
強い後悔とどうしようもない落胆と。
でも終わった恋に未練があるわけでもなく、
ただ、ともに過ごした時のあの煌きが欲しい、という感じを
受けました。そう感じるのは、私がそう思うせいかな。


by: きょう | 2009/02/12 23:37 | URL [編集] | page top↑
# きょうさんへ
その通り、時間がたって振り返ることのできる余裕が書かせた詩かも
しれません。捕われていると飛んで行きたくても行けないですからね。
ポプラの木が格子越しに見え、届かない青空がある。自由になりたいと
思えば思うほど、自分のことより僕の夢と暮らす彼女のことが気にかかる。
ここは精神病院なのか刑務所なのか、自分らしくない生き方しかできない場所。
そんな無常感が伝わればいいなと。この詩に曲がついたらきっとぼくは解放
されるのかなと、「君がいた夏」に向かって!
HOBO


by: Mr.HOBO | 2009/02/12 23:53 | URL [編集] | page top↑
# No title
わたしは、少年院かどこかに収容された男の子の叫びのように
拝見しました。またそうじゃなくても、ある意味、捕らわれている
心の状態のことをうたっているのかなとも考えました。
「君」ではなくて「君がいた夏」がほしいなんて、なんて素敵な表現!
少女を愛してしまったレオンのような、「痛い恋」!素敵ですね。
それと、お母様を大切に。
by: ハリー | 2009/02/14 09:11 | URL [編集] | page top↑
# No title
自分の思うようにならない、対岸の向こうは、理想なのだが、
私には、向かない世界です。暑い壁に閉ざされた個室の、寒さも悪いものでもありません。〔恋〕は分かりません。
昔、田舎に、無鉄砲な、下手な、鉄砲打ちがいました。
羆を捕らずに、村民の尊敬を一身に受けました。!

的外れな、鷹虎よりv-151
by: 荒野鷹虎 | 2009/02/14 19:35 | URL [編集] | page top↑
# ハリーさん
いつもコメントありがとうございます。
いつも的確なものの見方、感心します。そうなんですね、ぼくは
いつも捕われていて、自由がなく、自分じゃなく。
脱皮したいな。
HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/02/14 21:49 | URL [編集] | page top↑
# 鷹虎さんへ
こちら側はけっこう寒いですよ。風通しも悪いし。
でも向こう側もよく見えるけど、辛いことばかり。
でもやっぱりこちら側は嫌だな。
唄わない歌唄いは信頼はないですね。
HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/02/14 21:55 | URL [編集] | page top↑
# No title
こんにちは。
レオンとマチルダですか、殺師やと少女。たがいに独り、
守るべきものが出来たとき、レオンは命を絶たれてしまうのですね。
自由と囚われるこころ?

はるか有刺鉄線の向こうに/淋しそうに浮ぶ君の白い雲
二連がこころにぽっかりとのこりますね、
マチルダは鉢植えの花のように根をはって生きていくのでしょうか?

by: t.gray | 2009/02/20 12:45 | URL [編集] | page top↑
# こんばんわ!t.grayさん
「レオン」は10年ぐらい前でしょうか。
あの頃は名作がたくさんありました。
「ニューシネマパラダイス」には泣かされましたし、
「マディソン郡の橋」は今でもぼくの映画だと思ってます。笑
「ケープフィアー」のデニーロにあこがれ、タトゥーに憧れたのも
あの頃です。いい歳して。笑
そう、マチルダが鉢植えを抱えて逃げるんですよね、たしか。
「レオン」痛いな。想いだしました!
HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/02/20 23:56 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。