スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

流れる

雑踏に紛れる
ひしゃげたハート
河の流れをみつめて
遠慮がちなくしゃみをする
ここに居る僕をくるくる丸めて
橋の上から捨ててしまおうか
それとも生きる理由をちいさな声で
ちいさな声で叫ぼうか
流れる
なんとなくまた流れてゆく
つぎの街で出会える君よ
僕の何を育てよう

かつて僕は勇気という友をもち
僕自身が彼を僕と呼んでいた
首筋にいつも意志を持ち
凍えそうな夜には歌を唄った
振り返る過ぎた日々はバラ色で
未だ見ぬ明日は何色だろう
今日がいちばん輝いて
明日はもっと輝くのだが
流れる
なんとなくまた流れてゆく
つぎの街で出会える君よ
僕の何を育てよう

きのう読んだドストの本に
見覚えのある文字をみつけた
何年もまえに読んだ本を
再読する旅に出た
あのころの文字はふるえて
耐えきれず流した泪の沁みになる
やさしさの意味もわからずに
ただ前をゆく長い旅だった
流れる
なんとなくまた流れてゆく
つぎの街で出会える君よ
僕の何を育てよう

橋の上に立ち尽くす友よ
もう一度僕とあの歌を唄おう
肩落とす君の夕暮れに
育む今日が降り注ぐ
流れる
なんとなくまた流れてゆく
つぎの街で出会える君よ
今日という日を育てよう

流れる
流れてゆく
僕の何を育てよう






23:30 | VERY GOOD !! | comments (7) | page top↑
上ば見て歩け | top | ママの恋

コメント

# すばらしい
いつも拝見させていただいてますが、
あなたはすばらしい。志がたかく、奥深い。
写真とか、コメントにちかい詩のようなもの、うすっぺらな
ことばばかりのブログのなかで、唯一文芸とよべるサイト
にいきついた。どうかこのままのスタイルをつらぬいて
ください。ありがとうございます。
ハリーといいます。
by: SystemAdmin | 2009/01/09 16:29 | URL [編集] | page top↑
# ハリーさんへ
ありがとうございます!
ぼくはただ自分に感動していたいだけで、その感動のレベル
が高くなると、少しぐらいの感動では心が動かなくなりますよね。
だから続けられるのです。あなたのような眼をもった人に出会え
嬉しいです。おそらく僕よりも感動のレベルが高いから理解
いただけるのでしょうね。
文芸ですか。そうですね、ぼくはただの歌唄いです。笑
ただ、歌詞は歌詞として、曲は曲として、歌唱は歌唱として、
ひとつの確立したものを目指します。僕の詩に曲がつき、僕の声
があり僕がひくギターがある。いちど僕の曲もきいてくださいね。
ちかく、「HOBOの世界」という音楽サイトをたちあげます。
ハリーさん、できればURLをのこしてください。僕を認めてくれる
あなたの世界も見てみたいものです。
by: Mr.HOBO | 2009/01/09 16:52 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/01/11 22:14 | URL [編集] | page top↑
# No title
HOBOさんのコメントが気になって…

音楽サイトを立ち上げられるんですね!
すごいですね☆
音をたくさん聴ける機会が増えること、うれしいですねー。
その日を楽しみにしています★
by: maneko | 2009/01/14 21:20 | URL [編集] | page top↑
# manekoさん
そうなんですよ!
根性入れたやつをちかいうちに。
なんとなく流されてブログに関わるのがイヤになってね。
僕らしいこだわりの。そして温かいものを創りたいと。
manekoさんも頑張ってくださいよ。笑
いつもありがとう!
HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/01/14 22:20 | URL [編集] | page top↑
# 悲しみ。でも強い歌です。
HOBOさん。せつない歌ですね。
しみじみと読み返しています。
でも、ビィーーーン!と弾き返すような強さがある。
ギターの絃のよう。

人は流れていくしかありません。
みんなみんな、流されていく。
そんなとき、ふっと灯台のように波間に垣間見える灯り。
HOBOさんの歌って、いつもそんな印象。

by: 彼岸花 さん | 2009/12/25 02:59 | URL [編集] | page top↑
# 彼岸花さん
そうするしかないことってありますよね。
川は高い方から流れる。なるようにしかならない。
でも流れる位置ぐらいは変えてみたいともがきながら!
せめて流れ方ぐらいはと。

いよいよ今年もあとわずかです、彼岸花さん。
それこそ流されてもうここまで。
これでいいのかと思いながら、でも皆さんと出会うことができたこと、
残された言葉たちが歩いていることを考えるとまんざらでもないのかなと
思うことにします。休日の過ごし方を充実させ、まったりとした意味の
ないものにならぬよう、普段できないことでもと思うのです。
一日のあり方を、今を、そして明日というぼくたちの未来に。
「ありがとう!」と感謝して!


HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/12/27 09:14 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。