スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

万人の手

吊り革をにぎる手は万人の手で
決して選ばれた手ではなかった
混雑のなかに紛れた僕は
自分らしくある必要もないのだ
吊り革のむこうにある扉に
見覚えのある顔がある
落ちくぼんだ眼
意志を持たない首筋
おまえは誰なんだ

ながひょろい箱は時刻通りに
従うしかない生き方だ
鉄の上を走るゴムの車輪に問いかける
「これでいいのか?」と

口に唾をためて人生を語る男が
この箱のなかにいるだろうか
ちから無い吐息は箱に揺られて
目的の場所まで動こうとする
共有する空気は分け合うがいい


吊り革をにぎる手は万人の手で
決して選ばれた手ではなかった
 
23:26 | GOOD ! | comments (4) | page top↑
笑っちゃう | top | ねがい

コメント

# No title
こんばんは。
選ばれた手ではなくとも、
つり革を握る手は、まさしく自分自身の手。
選ばれなくとも、自分らしく。
そう生きていけるのが、本当の生き方なんでしょうね。

HOBOさんの詩は、
「生きること」、「生きていくこと」はどういうことなのか、
いつも問題提起していてくれている感じです。
わが身の生き方を考えさせられます・・・。


by: きょう | 2009/01/21 22:11 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは
年をとった証拠ですよ。
生き方だとか自分らしくとか。
困ったもんだと思ってます。
もっとひどくなるでしょうね。この調子だと。
もっと明るくてズーンとこないの考えます。笑
いつもありがとうございます!
HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/01/21 22:43 | URL [編集] | page top↑
# 万人の手
こんにちは。「口に唾をためて人生を語る男が/この箱のなかにいるだろうか」、居ますよここに。
熱い心を持ったHOBOさんが........
私のまわりにも居ますよ
皆、目がきらきらして輝いています
HOBOさんの手は、世界でひとつだけの手........

by: t.gray | 2009/01/22 14:43 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさん
いつもありがとうございます。
管理されるというのは嫌ですね。自分勝手に生きたいな。
ありふれた言葉でドキッとする表現ができたら理想です。
むずかしい言葉で中身のない詩を書くぐらいならゼロのほうがいい。
それにしても勇気をもらっているのは僕のほうです。
いつも本当に有り難うございます!
by: Mr.HOBO | 2009/01/22 23:47 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。