スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

さよならディラン

踏まれても 
蹴飛ばされても
へこたれない空き缶がある
ちっぽけな悩みや
雑踏につまずく吐息なんか
空き缶の運命に比べたら
ちいさい
凹みはひとつじゃなくて
くしゃくしゃにねじれたアルミ
戻ることのないディテール
まだいいと思うよぼくは
戻ることのできる明日があるから
ひしゃげたハート
戻れない旅

あの日ぼくは今日が来ることを知らず
大人たちの唄う歌を聴いていた
ぼくは戦争を知らないが
「答えは風の中にある」
そう彼が唄うのだ
風の中を歩いてきた
水銀灯は今日もねぼけていた
酔っぱらいが肩をぶつけた
争う価値もなかった

「大人なんか信用するな ! 」
あの日彼は唄った
時は河の流れのように早く
吐き捨てた言葉の意味をすり替える
ただ歳をとっただけの詩人
ああ!転がる石はいつのまにか丸く
すり減った靴底にやさしい

さっき蹴飛ばした空き缶が
ぼくの足元にからみつく
よく見るとそれは自分自身の影のような
ぼんやりとした出来事だった
「くよくよするなよ!」と彼は言う
いつも彼の歌がぼくのそばにいた
歳をとり丸くなった詩人
転がる石のように巡りめぐって
明日のない今日になるのだ
「答えは風の中にある」
そうかな?

さよなら ディラン




03:00 | VERY GOOD !! | comments (5) | page top↑
ふるえながら | top | 遊女と姦夫

コメント

# No title
HOBOさんは歌が上手いですねー。!誰にでも、どんな境遇の人にでも、響く、売れっ子作詞家のようです。才色兼備がお邪魔したのか、過去の栄光と理想をにお別れして、「革命」という名で自分を再生するかのようです。戦後、煙草くわえて、身を風に任せた女性もいました。空き缶を抱きしめたい衝動に駆られました。デイランさんは知りませんが、。実地哲学の経験法則から生まれる、歌詞でなければ、人の感動は得られません。!!素晴らしい!!正に吟遊詩人だと感銘しきりなりv-266!!!!☆
by: 荒野鷹虎 | 2009/02/18 19:14 | URL [編集] | page top↑
# 鷹虎さんへ
鷹虎さん、褒め殺されそうです。笑
いままでやってきたことをカタチにしたく、頑張っております。
つくづく思いますが、書くということは考えることで、ポエムとは
性格のちがうものなのかなと。
しかし、そういう鷹虎さんもずいぶん詩的な記事が多くなって
ますよね。世界がある鷹虎さんがうらやましいです!
またうかがいます。
HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/02/18 22:20 | URL [編集] | page top↑
# No title
ホ~ボーさん、これはかっこよすぎではないでしょうか!
ありえないぐらい言葉が立っています。
エッジがきいていておしゃれで、こんな文章を書ける音楽家
がいるのですね。私もちょくちょく書くことは好きなので書きますが
参考にさせてもらいますよ。

よくみるとそれは自分自身の影のような
ぼんやりとした出来事だった

かけないですよこんな文章。
出来事というだけで
とても距離がありますもの。
素敵ですね。ほんとうに。
by: ハリー | 2010/03/24 20:00 | URL [編集] | page top↑
# No title
この作品を褒めてもらえてうれしいです。
これは再投稿。こんな作品はもうでてこないです。
考えることがいやになってますんで、最近。
ハリーさんのコメントはいつもぼくをその気にさせますね。
詩人になりたいとはおもいませんが、詩人のようだと言われる
のはわるい気はしません。~のようだということはまだそこに
到達していないということですから、詩人ではないのです。
ただぼくはぼくでありたいと思うだけです。だから書くのだと
思うのです。きっとそうです。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/03/27 00:33 | URL [編集] | page top↑
# タイトル
ディランに誘われ読ませて頂きましたが、いやーしびれました。

さよならしますか!?って感じです(笑)
さよならディランと言いつつもディラン賛歌でもあるような。
文章の転がり具合といい、素晴らしくしびれました。
by: oba-stone | 2012/04/10 00:12 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。