スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

寂しい老人

ストーカーのような老人
友達になろうと寄ってくる
ぼくは野球のほうが気になって
しわだらけの手をふりほどく
「冷たいわね」と老人
そうかな

地下鉄駅の階段を
ひざを曲げないで降りる老人
あなたの杖になるつもりはなかったが
放っておくと転んでしまう
前のめりはとてもいさぎよい
ぼくはかけがえのない人になる
いや なってしまったのだ

「なろうね」と言ってなるのが友達じゃない
いつのまにかなっているものが友達だろう
好きなところも嫌いなところも
「友」と呼べる条件だろうか
Keyをたたく術を覚え
最初からないルールをも持たず
許可を得てそれを「友」とよぶ人
恐るべき老人だ
言葉はどこまでも舞い上がり
彼女の饒舌は加速する
転げ落ちる友情は勘違いの歌
伝言板の書き込みと化した約束の地
入り込んでほしくない「域」に
ちゃっかり座り込んでしまったのだ
ひらひらと浮かぶ友情の木の下で
待ちぼうけという寂しさを思い知る

ストーカーのような老人
友達になろうと寄ってくる
ぼくは野球のほうが気になって
しわだらけの手をふりほどく
「つめたいわね」と老人
そうかな

09:08 | GOOD ! | comments (0) | page top↑
Bye Bye my Guitar | top | 病む

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。