スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

泪もろくなったボクは

今日も唄う
泪もろくなったボクは唄う
感動できる心は今も

指で弾くギターはいい
暖かい
懐かしむだけの歌はいらない
今だから唄える歌がある
そんな歌がいい

そのとき解らなかった歌詞も
今だから解ることがある
暮らしの中で生まれる
かけがえのない夢があるからだ
「あの頃はよかった」なんて言わず
懐かしむだけの歌は捨てよう
あの頃に帰りたいとは思わない
今を唄うボクになる
今を奏でる指になる

昨日よりも今日
今日よりも明日
どんどんかっこ良くなる自分でいよう
今がいちばん幸福なんだと
心の底から叫んでみよう
まんざらじゃないと笑おう

今日も唄う
泪もろくなったボクは唄う

00:27 | GOOD ! | comments (4) | page top↑
象牙の塔 | top | 旅をするなら

コメント

# こんばんは。
そのとき解らなかった歌詞も
今だから解ることがある

そうですね、本当に、文章も歌詞も
今だから解ること
感じることがありますね。
言葉が頭のなかで生き返り息づいてくる感じでしょうか
 HOBOさんは年を重ねるごとに、さまざまな音色を奏でていかれるのでしょうね
きっと
 聖書にロトの妻の話がありますね
自分がいた町を顧みて塩の柱になってしまうという...
by: t.gray | 2009/03/31 21:15 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。t.grayさん
塩の柱ですか、怖いですね。
「詩篇」はずいぶん読みましたよ。「創世記」も。
音色とはめりはりのあるものですから、色んな感情が混じって
います。自分の音色を探してずいぶん旅もしました。ここからが
本当の旅だと、いま、GUITARを抱いて思います。
ぼくのGIBSONは最高にいい音色を出します。それは柔らかくて丸い、
芯のある音色で、んー、参った!っていう感じです。


by: Mr.HOBO | 2009/04/01 01:04 | URL [編集] | page top↑
# 私はもう、塩の柱になってしまいました(笑)
ブルースって今の心を歌い上げるものなんでしょうね。
そういう意味では、今、私などの年齢の者(61歳です)の
心を託せるブルースがありません。
街に流れる歌は、甘ったるい恋の歌か、
頑張れ頑張れ
という応援歌ばかり。

夕暮れ、空を見ながら、ふと口ずさみ、
旅の列車の、窓を過ぎゆく風景を見ながら、ふと心に歌う歌、
というものがあればなあ、と思ってしまいます。 

by: 沈丁花さん | 2009/04/02 00:08 | URL [編集] | page top↑
# 沈丁花さんへ
まったくその通りです。
耳ざわりのいい、そう甘ったるい恋の歌。
自分のことはさて置いて応援もないと思うのですが。

そうなんですね、もともとボクの言うブルースというのは
黒人のそれですから、きっと人種差別だとか戦争だとか、
そんな呟きとか叫びとか?3コードにのせて語るといった感じ
なんでしょうね。だから、ジャズもそうですが意図的な要素や
仕掛けなんかはなく「即興」という意味合いが強いのだと思います。
ボクは沈丁花さんが61歳だということに正直、嫉妬しますね。
だって僕らより生きているのですから、おそらく今が一番輝いて
いるのだと思いますし、そうあってほしいとブログ仲間として、
また、勇士として思います。ぼくは今一番カッコいいですよ。笑
今日も生徒にカッコいいと言われました。こんなメタボでもね、
カッコいいの意味が子供は違うのです。きっと「自由」な感じが
にじみ出ていたのでしょうね。笑
そうそう、沈丁花さん!
あなたのコラムはすばらしい!奥行き、格調、センス。
「どうです?61歳、かっこいいでしょう?」と。
どうか今のままの沈丁花さんでいてください。

ブルースな毎日にブラボー!

by: Mr.HOBO | 2009/04/02 21:04 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。