スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

ボクになる

へんてこりんなギターを手にいれた
なんだかとても嬉しくて
やっと見つけた友のような
愛おしいへんてこりんだ

すっとんきょうなボクの友は
満足そうにボクに抱かれる
嬉しそうな声を出して
指板の上でスローなワルツか
まったく愛おしいへんてこりんだ

へんてこりん
すっとんきょうな
へんてこりん

きみを抱きしめ
ボクになる
00:08 | GOOD ! | comments (8) | page top↑
カメラとサングラス | top | 静なるペットの死

コメント

# えっ!100万っすか?
残念!ぼくはもっと稼いでおりますので、他をあたってください。
さようなら!
by: Mr.HOBO | 2009/04/04 21:07 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして。
突然にすみません。「家族。」感動しました、、、。
ありがとうございます。

では。
by: 光隆 | 2009/04/06 14:11 | URL [編集] | page top↑
# 手になじむ感覚
こんばんは。
これじゃなきゃダメなんですという感覚、ありますよね。
ペン、辞書、ん~楽器などなど
ひとつの道具、モノにかけた時間が
自分の一部、片腕のような存在になっていくという
感覚が
HOBOさんのへんてこりんなギターもとても可愛らしいんでしょうね。
 感覚といえば、先日、サックスプレイヤー、菊地成孔さんのライブをTVでみました。演奏中はテンションがあがりますが、一種、エクスタシーをも感じると話されていたのがとても印象に残っています。
エクスタシーを感じる演奏、ライブ、いってみたいですね、聴いてみたいですね。
 菊地成孔...DUB SEXTET


by: t.gray | 2009/04/06 21:18 | URL [編集] | page top↑
# 光隆さん
いやー、とりあえずありがとうございます!
どちらの光隆さんでしょうかね。
ちかいうちに他の曲も聴けるようにしますね。
よろしくお願いします。
by: Mr.HOBO | 2009/04/06 22:47 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさん
ぼくのいう「へんてこりん」というのは最大の褒め言葉で、
とにかくへんてこりんです。信じられないぐらいへんてこで
困ってます。全部へんてこりんなんだけど今回はとくにへんてこで
困ってます。GIBSON J-45 ヘリンボーンという世界に24本
しかない珍しいへんてこりんです。笑
by: Mr.HOBO | 2009/04/06 22:59 | URL [編集] | page top↑
# へんてこりん♪(コリン星?)
こんな時間に失礼!
ものすごく楽しそうですね♪
「へんてこりん」という言葉に愛情を感じます。
(蛇足)
前の質問の答え。、母は拓郎のファンですよ。
by: 森野帽子 | 2009/04/07 04:32 | URL [編集] | page top↑
# 森野さん
コリン星ですか?
わかりますよ、ここはへんてこなこりん星ですね。
そうですか、お母さんは拓郎ファンですか。
思えばぼくがGIBSONを使うようになったのも、もとはといえば
拓郎氏の影響なんだから!
ところで、森野さん、こころの状態はいかがなもんでござんすか?

by: Mr.HOBO | 2009/04/07 08:29 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/04/10 12:57 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。