スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

意志の階段

久々に挑むような気持ちをおぼえた
無鉄砲ともいえる試みだった
でも そうしたく
そうしなければ

意志の階段を一歩づつ登った
靴底はその冷たさを
ひざにはその固さを
この国めがけ飛んでくる固いものより
わたしは いま この階段に手をかけて
一歩づつ登るのだ

目指すところに旗をたてて
かならず取ってやろう
雪解けの水がこころ洗い
側溝を満たす勢いとなる
しかしそれは上から下を目指すもので
わたしの想いとは逆のものだった
一歩ずつ階段に手をかけて
あの旗を

風になびく清い旗は
かつてわたしが目指した砦だった
雑音を聞き流し今すべきこと
歩みのどこに揺り起こすのか?
どこなんだろう?
02:38 | GOOD ! | comments (1) | page top↑
薬局のぼくちゃん | top | もうひとつのオールウェイズ

コメント

# お帰りなさい!^^
HOBOさん。新しい記事、ということは、
お帰りになられた、ってことかしら?

本格的お帰りでなくとも、お帰りなさい♪
って言わせてくださいね。
よかったよかった!

この詩。強い意志をほんとに感じます。
一歩一歩。
風になびく清い旗目指して。まずはゆっくりお体
ご養生なさってください。

ほんとによかった!^^
by: 彼岸花さん | 2012/04/05 18:18 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。