スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

虹の橋

ひとつ海を越えたら
すぐにでも行ける場所なのに
ジェットの力を借りれば
日帰りだってできる距離なのにな
遠い
とても遠い
近くても遠い君の街に
ぼくは虹の橋をかけようと

白いシャツの腕をまくり
少しだけ君は微笑んでいる
消えそうな虹のてっぺんを
ゆっくり歩くぼくを見ながら
手を振ってくれ
手を振ってくれないか
風に飛びそうになるぼくの帽子を
見失わずにいてほしいんだ

地に足のつかない風のような暮らしは
君を無視したぼくらしい生き方か
口元がゆがんで泣きそうな空に
「ぼくだけの君だよ」と

素敵だな

遠い
とても遠い
近くても遠い君の街に
ぼくは虹の橋をかけようと

03:02 | VERY GOOD !! | comments (5) | page top↑
なんなんだ! | top | 僕よりずっと高い所に

コメント

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/04/23 04:14 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
虹の橋の情景が眼下に広がるようです。
虹を空に見つけたとき
私の心は、はっとし
私の胸はときめきます
小さな頃から大人になった今も同じです。

風に飛びそうになる帽子を
見失わずにいてほしいんだ
核のような連ですね
帽子はどんな形でどんな色なんでしょうね
by: t.gray | 2009/04/24 21:48 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
すてきなラブソングですね。
私も虹が大好きです。この頃外に出る機会が減ったからか、
そういう気候条件が少なくなったのか、
あまり虹を見かけません。
でも、出ているのを見つけたら、
知らない人にでも、教えてあげちゃいます。

それが、自分を想ってくれる人からの
虹の架け橋であったら、
どんなに幸せなことでしょう。

今晩私は怒りの記事を書いて興奮していたので、
優しい詩を読んでふっと心が和らぎました。
by: 沈丁花さん | 2009/04/25 03:13 | URL [編集] | page top↑
# こんばんわ!t.grayさん
帽子は青いつばの長いやつで、前のつばを少し折り曲げています。
そうすれば飛びにくくなると思い、少し前から始めました。
虹のかかる時間は限りがあるのでゆっくりとはできないのに。
絵のような色のあるポエムとはちがうものを目指すのですが。
いつもありがとう。
HOBO
by: MR.HOBO | 2009/04/25 22:28 | URL [編集] | page top↑
# こんばんわ、沈丁花さん!
真剣になれば頭にもきます。
ぼくはいつも頭にきています。
怒らなくなったらおしまいで、怒らない若者が多すぎるような気が
します。怒らないひとは優しくなれないですしね。
白いシャツの腕をまくって、虹の上を歩くぼくを忘れないでほしいと、
笑えないものは笑えず、ときに無口な。
いつもありがとうございます。
ほんのすこしの仲間と歩いて行けるブログが、ぼくの危なっかしい
虹なのかと思うときがあります。
HOBO
by: MR.HOBO | 2009/04/25 22:41 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。