スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

この古い大きな樹の下で

ぼくの自慢話をね
うなずきながら聴いている君
日に焼けた髪を過ぎる風
こうしてこのまま
ふたりずっと

ビーチまで行くのはおっくうだから
ぼくはここで海を眺めることにする
風に乗ってやってくるカマカ
耳にやさしいナイロンの音
眠りについたぼくのそばに
君がいたらいいな
このままずっと
ふたりこうして

海のムコウの争い亊や
偏見 差別 貧困
忘れちゃいけないこと
たくさんあるな
自分さえ良ければいいと思うこころが
いつかここにも雨を降らせるのかな
静かにたたずむ時のなかで
ふたり 空を見上げる

ねえ
この古い大きな樹の下で
何度もキスをしようね
まんざらじゃないと思うな
抱きしめれば折れてしまいそうな平和を
この腕のなかで育もう
そう
まんざらじゃないと思うな
この古い大きな樹の下で
何度も何度も
キスをしよう


19:48 | VERY GOOD !! | comments (6) | page top↑
虚構の空 | top | 風が泣いてる

コメント

# No title
お久しぶりです。
GWはバイトやらライブやらでおました。
相変わらず詩描きまくったはりますね。
すごいです!!
>>「眠りについたぼくのそばに
>>君がいたらいいな」
この二行が僕はメチャ共感できました。
結構小さい頃から憧れの人に対してそういった願望を抱いていたかもしれません…
また動画アップしました。
よろしければみてやって下さい。
by: NARA… | 2009/05/10 07:05 | URL [編集] | page top↑
# おはようさん!NARAさん
この作品にコメントくれたことが嬉しいですわ。
大好きなワイキキの海のことを頭にうかべて。
動画観ましたよ!NARA節が炸裂。GIBSON、太い音してるね!
やっぱりGIBSONはあまり音にエフェクトをかけたりせず、生音の
ほうがいいな。
NARAさん、がんばろうね、HOBOもライブの音、アップしてみるね。
ありがとう!
by: Mr.HOBO | 2009/05/10 09:37 | URL [編集] | page top↑
# 平和
こんばんは。

海のムコウの争い事や
偏見 差別 貧困
忘れちゃいけないこと
たくさんあるな

そうですね、
たまたま、昨日は男たちの大和/YAMATOという戦争映画をみました。
辺見じゅん原作のノンフィクションです
愛する家族を友を守りたい一心で「水上特攻」に向かい
若い命を散らしていった男たちの大和という.....

戦後60数年、おかげさまで、日々、無事で暮らすことができる私、感謝です

この古い大きな樹の下で

のんびりとした、穏やかな時を感じたいですね。

by: t.gray | 2009/05/11 00:14 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。t.grayさん
この作品にこめられたテーマを理解してもらえたらうれしいですね。
育んでいく平和。壊してはならない自然。最近、ずっとJACK JOHNSON
の歌を聴いていて今一度「詩」の深さ、「あり方」を教えられました。
ギタ-の音や声の出し方、今まで感じたことのない快感。そして静かな
主張。ぼくのこれからを楽しみにしていてください。やはり、変わるには
なにかショックがなければ駄目ですね。そういった意味で、かれの歌は
ショックでした。からの中にいると変われない、いや、それどころか
衰退していくのみ、そんな気がします。
HOBO

by: Mr.HOBO | 2009/05/11 03:01 | URL [編集] | page top↑
# 歌の力はすごいです。
歌って、声を荒げ、長々と演説しなくても、人の心に訴えかける力を
持っているからいいですね。
本当に、平和というものは抱きしめると折れてしまうほどに、
もろく壊れやすいものなんでしょうね。
今、日本は束の間の平和の中にいる。
ずっと続いていて欲しいです。
HOBOさんの詩、いつも優しい響きなのに、伝えたいことはちゃんと伝わる。
想いが溢れている感じがします。
言葉って量じゃないんですよね。
そう思うけれど、いつも長々書いてしまう私。

>自分さえ良ければいいと思うこころが
>いつかここにも雨を降らせるのかな

ここの個所など、ずばりと言いきって凄いなと思います。

Jack Johnson、知らなかったので、You Tube でちょっと聴いてきました。
Go On.という歌が好きでした。
by: 沈丁花さん | 2009/05/13 02:44 | URL [編集] | page top↑
# 沈丁花さんへ
おお!
JACK JOHOSONの「GO ON]とはセンス良しですね、沈丁花さん!
なんか無骨な演奏と頼りない歌声のJACK。隙間だらけの音。でもそこに吹く風はとても温かく、そして切ない。COLE CLARKのギターって、廃材をつなぎ合わせたような作りなんですが、とても温かく不器用でブルースな音がするんですよ、沈丁花さん!ごめんなさい、饒舌で!笑
ではまた来週!
HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/05/14 01:21 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。