スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

時間つぶしと公園のベンチ

風船を追いかける少女
背伸びしても届かない白い風船
ふわふわ浮かぶ自由のように

「追いかけても無駄だよ」と
少女の母親が笑う
膨れっ面の少女の眼に雨が降りそう
「帰るわよ」と腰を上げる母
公園の平和を壊す鬼のよう
少女は空を見上げる

営業マンは自由を見失った少女に同情した
鬼になった母親のみょうに冷めた横顔を見た
業績の上がらない日報にこんな結末はない
「せめて少女に夢を売った」と
報告書の欄を青い文字で埋めなければ



風の色を確かめる老婆
幸福を運ぶ風はどこにあるのか
車椅子のそこからは見えず

「風邪ひいたら大変よ」と
介護福祉のスタッフが笑う
色のない老婆の眼に従うだけの日常
「帰ろうね」と時計を見ながら事務的な声
公園の土の上に車椅子の跡
老婆の背はとても丸い

営業マンは従うだけの老婆に自分を見た
もっと心を扱う仕事を探そうかなと思った
何よりも無機質な求人誌の表紙に傷をつけて
「バカヤロー!」と こぶし固めた
報告書の欄にバカヤローは書けない


   風船を追いかける少女


   風の色を確かめる老婆


時間つぶしと公園のベンチ
業績の上がらない営業マンがいた



16:27 | VERY GOOD !! | comments (2) | page top↑
道ばたに落っこちてる自分を | top | 約束の地

コメント

# こんばんは~。
この詩、とってもいいと思います。
そうなんですよねー。
誰も、悲しいことなんか好きじゃないのに、
なぜかみんな、悲しみを選びとっている気がする。

子供の心に寄り添わない。
老人の目の奥底の感情を見ない。
自分の心の中だけ見ている。
そうして相手も自分も寂しい。

束の間の笑顔や、たった一言が
どれほど価値があることか、
どれほどこの世を楽しくすることか。
by: 沈丁花さん | 2009/08/25 23:56 | URL [編集] | page top↑
# お元気ですか?沈丁花さん!
いやいや、
沈丁花さんに褒めてもらえたら百人力です。
記事が止まっているようですが、眼のほうは大丈夫ですか?
ぼくはなかなか詩が書けず、頭を整理中!
本も読んでないし映画も観てません。こころが動く出来事が
ないのです。そこが問題です。
by: Mr.HOBO | 2009/08/26 00:25 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。