スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

ぼくはいつも君のそばにいて

背中の凹んだロバを見た
かなしい眼をしたロバだった
働き続けた頑丈な足と
けして弱音を吐かない口と


ぼくはこのロバに自分を見た
頑張れとは言えなかった
せめてこのロバに友達でもいて
むかしの夢でも想い出せたら
あの日の歌を口ずさむ朝があったら


君はどこへ行くのか
下を向かずにこっちを向いてくれ
ぼくは今日辞表を出して
君と歩くことにする
君が老いて
背中が凹んで
眼が遠くなっても
ぼくはいつも君のそばにいて
ぼくはいつも君のそばにいて
09:47 | VERY GOOD !! | comments (2) | page top↑
リバーと呼ばれる街 | top | 道ばたに落っこちてる自分を

コメント

# こんばんは。
HOBOさんにとってのロバはご自身でもあり、
青年HOBOさんとともに育ってきた夢でもあるような。
忙しい日々から再び消えない夢をご自身を
改めて抱えなおす感じがしました。
いつもどこか視点のずれてる私ですいません。

シンプルでかつ奥が深いので、
学ぶところがたくさんあります。
もう少し真面目に通わないといけませんね。
終わりのない創作を目指すからには貪欲で。

少しばかり新作に躓きだしましたが
下りてくるような日を待ってる私です。
私ごとですいません。

頑張ってくださいね。

by: nora | 2009/09/14 01:39 | URL [編集] | page top↑
# NORAさんへ
最近、友達の大切さや、こころについて考えることが多く
なりました。寄り添うものが「想い」だということがようやく
わかってきたからです。表現することの面白さは他に類のない
ものでその奥深さは人生そのものです。創作に時間がかかるのは
充電器の調子が悪いだけ。かならずまた動き出す。書くことは考え
ることと同じ。深さは思考の深さに等しい。だから時間がかかるの
です。

辞表をだしてこのロバと旅がしたい。
ロバは少しづつ口を開いて、昨日の夢を語ってくれると思うんだ。

by: Mr.HOBO | 2009/09/14 02:07 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。