スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

抜け殻

そこに落ちている抜け殻を蹴飛ばした
抜け殻はあきらめた顔をしていた
「初めから抜け殻だったわけじゃない」と
俺を睨み返してほしかったが
やはり それは抜け殻だった

俺は抜け殻をポケットに入れて歩いた
心地いいのか じっとしていて
俺のこぶしの中で息をする風のように
中になにも無い空洞のプライドになった

ぞっき屋の角を曲がると俺の窓が見えた
俺の帰る家に灯りはついていず
まるで俺の握りしめている抜け殻が
笑うような窓になって立っているのかと

抜け殻は俺のポケットで少し笑うようになった
放っておくと淋しそうな声を立てた
俺は机の上にそれを置いて
泪のような汗をたらすと
嬉しそうに泣いた
俺は
この抜け殻が
誰の抜け殻か知っていた
「初めから抜け殻だったわけじゃないさ」と
睨み返してほしかったのに


脱衣場の鏡に見覚えのある男がいた
眼が落ちくぼんだ髭面の男だった
笑ったような気がした
かれは俺のどこを見て笑ったのか
笑ったように見えただけなのか


「俺は抜け殻じゃない!」と
この男に早く告げなければと思った
22:31 | VERY VERY !!! | comments (14) | page top↑
どしゃぶり純情 | top | ぼくの朱色は

コメント

# 独特の世界
こんばんわ。
葛藤をこういう形で表現できるのは
HOBOさんならではですね。
その奥深い世界観を改めて感じ、
うーん、と唸ってしまいました。
終わり方がまた憎らしい(笑)

次は何が出てくるのだろうと、
期待をさせてくれる所って少ないです。
緊張感が有るって、
すばらしいことだと思います。

また、少しスランプでしたが
漂ってはおられぬ、と、尻を叩かれた私です。
by: nora | 2009/10/02 23:42 | URL [編集] | page top↑
# noraさんへ
この手のやつは専攻ですからね。
継続することは難しいです。マンネリで。
ただ止まるとずっと止まってしまうので進むだけです。
いまは本を読む時間と同じくらい睡眠がほしく、がむしゃらに
働く気力がありません。はめをはずす部分とシャンとする部分の
バランスが悪いのだと思います。でもそういう時が創作チャンス
なのかなと。


HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/10/03 01:32 | URL [編集] | page top↑
# No title
不思議なお話ですね。
とても抽象的で奥が深いような感じがしました。
抜け殻が、どんなものなのか想像したらセミしか浮かんでこなくて・・。
「笑うような窓」とか「うれしそうに泣いた」とかが特に印象的でした。
最後の男性が謎ですね。
by: sunnylake | 2009/10/03 09:24 | URL [編集] | page top↑
# sunnylakeさんへ
抜け殻=セミですね。
ということは、抜け殻=生、とも言える。
うれしそうに泣かれると辛いですものね。
笑うような窓があると、逆に切ないですし。
鏡はほんとうの心を映すようだから。

書くということは楽しいですね。
またいらしてくださいね。
こちらからも、また。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/10/03 10:21 | URL [編集] | page top↑
# No title
この感じは真骨頂でしょうか。スパイスがきいて
世界くっきり。あなたはラヴソングより風刺的なビート
ロックのほうが似合うのではと思ったりします。
どこかイギリスの若いボーカルの声に似ているような
気がします。「ありがとう」はやさしいが、きつい歌ですね。
だからブルースなんでしょうね。プレイスタイルではなく、
叫びが、あなたの奥に見えて恐ろしいぐらいのリズムを、
うねりを感じるのです。
by: ハリー | 2009/10/03 20:09 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/10/04 03:34 | URL [編集] | page top↑
# 初めまして。
弊ブログにご訪問いただきありがとうございます。
HOBOさんの詩、読ませていただきました。
まるで、小節の一部のような奥深さを感じる詩を書かれるのですね。
楽しく読めたし、学ぶことや刺激されたこともありました。
感謝です。
by: トクベー&キーボー | 2009/10/04 04:41 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは
抜け殻…寂しい歌ですね。
でも、凛として、下手な同情などを弾き返すような
強さも持っている。
セピア色の風景。
そこを一足早く冷たい初冬の風が吹き抜けていくような。
ブルースという感じがします。

先の非公開コメントに新しいURL入れておきました。
新ブログにもお越しくださいませ。
あ、そうそう。リンクはらせてくださいね。
これからもよろしくお願いいたします。
by: 沈丁花さん | 2009/10/04 23:17 | URL [編集] | page top↑
# ハリーさん
イギリスの若い人って誰でしぅね。
ビートのきいた曲もそのうちUPしますよ。
by: Mr.HOBO | 2009/10/05 08:00 | URL [編集] | page top↑
# トクベー&キーボーさん
コメントありがとうございます。
この歳ですから頑固がとりえのようなもので、
やっていることの意味にこだわったりします。
肩の力をぬいて気張らずにいこうとも思っています。
懐かしむだけの時代ではなく、今の、これからの時代を
生きるために「表現」は欠かせない老化防止剤です。
書くことは考えること。右脳がぴくぴく、アンテナぴんぴん、
また、そちらにも伺いますね。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/10/05 08:14 | URL [編集] | page top↑
# 沈丁花さんへ
了解です!
新しいところでまたお会いできたらぼくも嬉しいです。
ぼくは相変わらず同じことを繰り返しながらやって行きますね。
ほんとうは少し充電しなくてはと思っていますが、行き詰まる
ときも行き詰まるなかから叫んでみようとも思うのです。
さいわい、理解者がすこしでもいたらやる気が失せることは
ありませんし、それを裏切ること無く、この場所の管理人で
いなくてはと。

もうひとつのほうにも行きます!
また動き出した沈丁花さんに万歳!

HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/10/05 08:25 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
抜け殻は古い外皮を脱ぎ捨てる脱皮とも言えるのでしょうか
脱ぎ捨て、その度事に成長、進歩する
また時にふるい考えや習慣を改めるという意味あいもあるのでしょうか
 私はこの「抜け殻」の作中のぞっき屋と脱衣場が気になります、とくにぞっき屋です
もしかしたら掘り出し物や自分にしか解らない宝物があるのかもと想像してしまうのです
by: t.gray | 2009/10/06 23:44 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさんへ
ぞっき屋は俗気屋ですよ、普通の。
この抜け殻と俺の関係がいいところで、観察するという
ところです。自分を観察できるのは人間だけで、病的だと
言われても考えることは止めないから病気になるのです。
あきらかにこの抜け殻は自分にあまく、ひとを頼りにする
弱い抜け殻です。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/10/07 00:48 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2009/11/17 23:08 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。