スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

うぉんうぉんと啼いて

嘘のない街に
心ほどいて
ようこそ

顔のない犬
足を濡らして
とぼとぼ

うぉんうぉん
うぉんうぉんと
啼いて

また来る朝
心捨てて
よちよち

親知らずして
子は育つか
てくてく

うぉんうぉん
うぉんうぉんと
啼いて
06:45 | VERY GOOD !! | comments (4) | page top↑
生き方という僕のノートに | top | 我ここにありここに居て

コメント

# 静かな夜です。
静かな夜は犬の啼き声が耳に響いてきますね。
湯船につかりながら啼き声をじーっと聴いていました。
どうしたんでしょうね。
人が啼いているようにもきこえて。

足を濡らしてとぼとぼ
心捨ててよちよち

 喝をいれて、完成までのプロセスをいちまいかいてみましたが、とりあえず、まだまだ、、、とりあえず。
by: t.gray | 2009/12/11 01:52 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさんへ
うぉんうぉんと、しぼるようにして啼く犬。
それは異常な絵で、不安定でとても気味が悪い。
なんでしょうね、この詩。
もっとまともな作品を残していきます。
すみません。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/12/12 06:12 | URL [編集] | page top↑
# 嘘のない街。いいですねえ。
好きです。この詩。

「嘘のない街に 心ほどいて ようこそ」
ああ、いいですねえ。
そういう優しい街を、私も
顔などなくして、心をほどいて、
うぉんうぉんと啼きながら
とぼとぼてくてく歩き回りたい。

t.grayさんはお体はもう良くていらっしゃるのでしょうか。
すみません。間接的な呼びかけをしてしまって。

深夜の犬のさびしげな鳴き声は、私が大好きなものの一つです。 
by: 彼岸花 さん | 2009/12/13 14:47 | URL [編集] | page top↑
# 彼岸花さん
顔のない犬が、うぉんうぉんと啼くなんて
なんて気味の悪い詩なんでしょう!
もうこういうのはやめにしますのでお許しくださいね。

彼岸花さんのサロンのように、この場所もコメント内で情報
交換してください。t.grayさんも元気そうでよかったですね。
すてきなお友達になれればぼくもなんだか嬉しいな。寒く
なりましたので、風邪などひかずに頑張ってください。
HOBOもなんとか!
アザす!

HOBO
by: Mr.HOBO | 2009/12/15 00:25 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。