スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

無題

雲が流れるのは
動くことのないぼくを
動こうとしないぼくのために


ぼくの中で育つ悪いものと
同じ速さで動く意志がなければ
できればそれより速く
速く動かなければ


そっと育む愛のように
時を重ねてはじめてできるキスもある
だけどぼくの中で育つものはそれを待てず
想いだけがつのる朝になるのだろう


ただ夜を待つ怠け者のくせに
22:14 | VERY GOOD !! | comments (8) | page top↑
この手 | top | 欲張りな貴紳さん

コメント

# No title
中で育つ悪いもの。
例えば、憎悪、怠惰、横着。
病気とか?
最後のフレーズがいいですね。
レコーディング計画は進みましたか?
それこそ雲の流れより早く、もう2月ですもの。
わたしもいろいろあるのよ。
by: ハリー | 2010/01/29 01:14 | URL [編集] | page top↑
# ハリーさんへ
お久しぶりです!
レコーディングは中休みです。
アレンジが追いつかず、ベーシストが都合つかず。
2月はいろいろありますか。
今月は最悪な月でした。
いろいろありました。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/01/29 23:34 | URL [編集] | page top↑
# 3回は読み返します
HOBOさんの詩は読めば読むほど まるで噛めは噛むほど良いです。
あえて動かないのか? 動きたくても動けないのか?人はたいてい 動けなくなった時あきらめてしまうけど、勇気をもって動いてみたら どんな未来が待っているのでしょうか? 希望をもって生きて行きたいですね。
by: gagahime | 2010/01/30 20:48 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
ただ夜を待つ怠け者のくせに
 ときに、それも良いのかも。心のリズム、身体のリズムのつりあいがとれてやさしく大事な動きに生っていくかもしれませんもね。
 今回の作品は谷川俊太郎をふっと思い描いてしまいました。シンプルでやわらかな言葉を、しかし私にとっては谷川さんは難解か?

by: t.gray | 2010/02/01 01:12 | URL [編集] | page top↑
# gagahimeさんへ
噛めば噛むほど?スルメですか!
読む人がどんな解釈をしてもいいのが詩。
3回読み返しは嬉しいです。声に出してゆっくりと
読んでもらえたらもっとスルメになると思います。
ガガさん、いつもありがとうございます。
想ってくれるだけで励みのなります。
希望です。

スルメより。
by: Mr.HOBO | 2010/02/01 09:07 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさんへ
オハヨウございます。
谷川俊太郎さんはむかし西荻窪の焼き鳥屋でお会い
したことがあります。それこそ、「生きているということ」
あのころです。詩人というたたずまいにこころ打たれた僕でした。
松本隆さんのような詩人もいれば、タイプはいろいろ。
僕はたしかに谷川さんに傾倒し、詩人のスタイルという。
自分で書いた詩を朗読する「朗読ライブ」なんかもできたら
いいのにな、と考えています。どちらかというと、
僕はミュージシャンよりも詩人になりたいのかもしれません。


HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/02/01 09:28 | URL [編集] | page top↑
# おはようございます。
ステキですね。
朗読ライブ。
 HOBOさんにとてもお似合いのリアルクローズだとおもいますよ。
そして、 夢のあるところに人は集まと私は思うのです。
by: t.gray | 2010/02/01 10:21 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさんへ
ギターを一本だけそばに置いて。
そんな朗読ライブがしたいですね。
言葉のもつ力を、想いというものの透明さを、
時間のもつ幸福感を、
映像と音と、その中に僕がいるということ、そして僕の中
から音になって出てくる言葉があること。
やりたいですね、3カ月に一度ぐらい。
そして年に2回の音楽ライブを帯広と札幌で!

HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/02/01 12:46 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。