スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

BYE BYE LOVE

地下鉄の駅から
とぼとぼ歩く犬がいる
探しているのは飼い主なのか
びっこの犬はここでは目立つよ
淋しそうだろ?

空き缶けとばす少年の
ポケットの中にあるもの
武器のような無垢と液体のような純情
片足ひきずる犬はどこだ?
口笛を地面にこすりつけて
楽しそうだろう?

自閉症患者ウォークマン
信号の色を食べてしまうよ
バンパーを擦った放浪の美人
くわえ煙草は絵にならず
年中事故処理面倒御免
かわいそうだろう?

さすらいの紳士はダブルのスーツ
指にはさんだセカンドバッグ
ライターのあかりで照らす進路に
見覚えのあるびっこの犬
くんくん鳴らす濡れた鼻先
疑心暗鬼な足蹴り一発
そりゃあねぇだろう?

薬がなけりゃ行けないところ
まだ見ぬ碧い空のふもとに
うぉんうぉんと啼く親のない犬
裁きは今をしのぐ風のなかで
裁きは今をしのぐ風のなかで
嬉しそうだろう?

BYE BYE LOVEと書いた
滅裂な文字よさらば
BYE BYE LOVEと唄う
アホウのような夢よさらば
たとえ今 人生の道に欠席しても
誰も気づきもしないだろう
そりゃあそうだろう?

04:08 | VERY GOOD !! | comments (4) | page top↑
今日ぼくであること | top | ぼくの空ときみの庭

コメント

# No title
この詩いいですね。
HOBOさんの頭の中では、もう音のイメージがある程度できてそいるのでしょうか。

タイトルがエブリ・ブラザーズのそれと同じなのも、面白いですね。意図的かどうかは分かりませんが・・・。

各節の終わりを「~だろう?」で閉めているのも気に入りました。

by: トクベー&キーボー | 2010/03/19 16:51 | URL [編集] | page top↑
# トクサんへ
残念ながらこれには曲はつけません。
歌詞となると字数とか、韻をふんだりしなければならないので
苦手です。
これは湾曲したひねくれた詩ですからね。こころがネジ曲がる
ぎりぎりの。「びっこ」なんて言ったら昔なら「禁」。
表現の自由、ん~、むずかしいですね。
コメントありがとうございます。
なかなか自作のCDできんとです。あ~あ。
エヴァリーブラザーズ、黒いGIBSONの印象が強いです。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/03/19 17:05 | URL [編集] | page top↑
# HOBO さ~ん。
悲しい歌。

今晩東京には、ものすごい風が吹きつけて、窓の外で
咆哮しています。
今、グワラグワラグワ~ン!と何かが外で転がっていった。
埼玉の夜も同じですか?

私には、この激しい風が、この詩とリンクして、
HOBO さんの咆哮のように聞こえてしまいます。
私が励ます番かな。
by: 彼岸花さん | 2010/03/21 00:11 | URL [編集] | page top↑
# コメントおそくなりました、彼岸花さん!
口の中が腫れてしまってハムスターのようになってます。
オタフクではないかと。
わけのわからない言葉がぐるぐると巡るのです。
ぼくは大丈夫なんですよ、彼岸花さん。
しかしどうして生きているのかということは
最近、疑問ですね。
曲ができないのと、非力なこころと、欲ばかりで。
みにくい人間に絵空事のような毎日と。

「Mr.HOBOの絵空事のような毎日」
に変えようかな。

ありがとうございます。
大丈夫です、彼岸花さん。


HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/03/23 13:06 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。