スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

今日ぼくであること

今日ぼくであることを
今日ぼくであることを
だれになることも望まず

アーモンドグリーンの窓枠
そこから見える電停の
駆けてそこに行き
誰を待つ

丸く刈った頭を
すっぽりと隠す革の帽子
電停に積もる名残の雪
降りてくる影の寒そうな頬に
今日ぼくであることを

どこに行っていた?
待っていたんだ
あの古い店のテーブルに肘をついて
ぼくは待っていた
ぼくは待っていた
誰を待つ

幸福になりたいと願う
ぼくでありたいと願う
だれになることも望まず
12:47 | VERY GOOD !! | comments (4) | page top↑
バス通りギター工房 | top | BYE BYE LOVE

コメント

# No title
似たような想いは、皆のこころの中にあるのではないかと思います。
ただ、その背負っている風景が違うだけで。
第2連、3連の風景は、そしてその重みは、人によって違うでしょうけれど。
『ぼく』という言葉を「わたし」に置き換えれば、
そのまま、私の心情に。

そう。私も私でありたいです。


ところで、お口の方はいかがですか?

by: 彼岸花さん | 2010/03/26 23:05 | URL [編集] | page top↑
# 彼岸花さん
お口はもうひどいものです。
発熱と疲れでしょうかね。
更新もおぼつかず、ランキングもはずしてしまいました。
なんかもっとちがうところに引っ越そうかなと
思ってます。純粋な文学のみの。

自分の事ばかり、とくにHOBOは「ぼく」が多いですから、
しかしそれはテーマであり、これからも「ぼく」だと思います。
「ぼく」というのはいくつになっても「ぼく」で、このまえTVで
大江健三郎さんも「ぼく」「ぼく」って言ってました。大江さんは
少年のような大人で、無垢で、感じやすく、冷静で。「ぼく」「ぼく」
って。
カフェの窓から電停が見えて、降りてくるひとを眺めることが
あります。待ってるんですね、「ぼく」を。
自分は何者で、どこへ行くのか、そのことばかり考えています。
ひとのことを想うのはそれからです。
ハムスターのような頬に、ブルースは似合わないようで、
たぶん、薬の副作用かなと思います。
あとでゆっくりお邪魔しま~す。


HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/03/27 00:51 | URL [編集] | page top↑
# No title
かつて、僕も北国に住む少年でした。
by: 山猫軒 | 2010/04/09 23:10 | URL [編集] | page top↑
# 山猫軒さんとやら
はじめて来て挨拶もなく
ずいぶん自信家のようで。

かつて、僕も北国に住む少年でした。

ああ、そうですか。

by: Mr.HOBO | 2010/04/10 06:00 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。