スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

それは絶対的なものだった

いつのまにか
忘れた歌を
あの日の歌を
想いだしていた
沁みるのは好きだった唄い手の声じゃないな
それは
あの日僕が見ていた空の青さか?
それは 
春に泣く雪解けの水の音なのか?
僕はあの日に向かって歩いていた

たしかにそこにいた
それは絶対的なものだった
僕はそこにいた
そこにいて
今日の僕を見ていたのかも知れないな


00:01 | GOOD ! | comments (0) | page top↑
親のこころ子知らず子のこころ親知らず | top | 光と影

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。