スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

君の座る椅子の上に

ポプラの足に腰をおろして
動かない雲を眺めている
絵空事のような毎日に
君の座る椅子がある

ぞっき屋の角を曲がると
北大通りに続く道がある
キャンパスに沢山の花が咲く
君は僕を覚えているだろうか

365日も待って
やっと咲いた花
文句なしに美しい!
そして
それは確かに
心の内側に散る

君の座る椅子の上に
静かに
しずかに
降り募る
00:33 | GOOD ! | comments (2) | page top↑
奇妙な同居人 | top | シェビーをころがして

コメント

#
はじめまして、こんばんわ。
365日まってやっと咲いた花
文句なしに美しい。この部分がなんとなく
好きです。永いこと待ってやっと逢えた
待ってたよみたいな感じで。
この花の匂いはどんな感じかな?
by: こころ | 2008/04/06 22:23 | URL [編集] | page top↑
# こころさん
あるとしたら、それは随分懐かしい匂いかな?
初期の作品にコメントありがとうございます。
自分でも気にいってる詩なんです、これ。
by: Mr.HOBO | 2008/04/06 23:56 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。