スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

タクシードライバーの日報

この街は俺の街じゃないな
あちこちに淋しそうな窓がある
手をふるのは待ちぼうけの女
そこで果てるほど俺は落ちぶれちゃいねえ

自慢の歌が聴こえる酒場がある
そこは古ぼけたネオン
渇ききった音にバーボンの香り
ウインクすればついてくる女がいた

つまらない事件をしょいこんだ俺は
いつも帽子を深くかぶって走った
街は俺のどこに雨を浴びせる
雨宿りに情をいれることはない

なにが正義なのか唄えるやつをここ連れてきな
俺はそいつの上着の内側にある魂胆を指差すだろう
言葉につまりながら唄う歌ほど面白いものはない
しらけた客は苦い酒を飲むのだろう

きのうの罪が今日の夢につながるのなら
罪を犯したやつだって幸福になれることになる
悲しみに打ちひしがれた独房の窓に
突き刺すような黒い雨が降る

ここから見えるすべてのものを
みんなこの手でぶち壊してしまえ
無責任が服を着た役人の眼をくぐりぬけ
うまくやれればそれでいいのだ

ああ ! この街は俺の街じゃないな
救いようのない偽善ばかりが胸をはっている
地べたにこびりついた指紋を拭き取り
俺がいた証しなど消してしまうがいい

べつに俺じゃなくてもいいなら
わざわざ俺を選んで手をあげることはない
猫を乗せたタクシーのことを想いだした
のどを鳴らす猫のような客を探すのだろう

「お客さん、どこまで走りますか?」
俺はタバコを吸いながら客に言った
「この車、禁煙ですよね運転手さん!」
「んん?いやなら他を探せよな!」

こめかみにあてた銃口は嬉しそうに唄った





07:17 | VERY GOOD !! | comments (3) | page top↑
もうひとつのオールウェイズ | top | しょぼくれて歩くこの子に

コメント

#
本領発揮デスカ?
頑張ってくださいね、ホーボーさん。
唯一の詩のブログ、本物の詩。
タクシードライバー、デニーロはとても凶暴でしたね。
さめた目をしたドライバーの心理。

by: ハリー | 2010/07/11 09:28 | URL [編集] | page top↑
# ハリーさん
ある意味、囚われているような毎日ですからね。
みんな孤独という独房のなかにいます。
やりきれない想いをだいて生きているのでしょう。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2012/03/23 08:43 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2012/03/23 09:38 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。