スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

花になる

せっかくですから
ここに種子を植えましょう
期待などせず
いつか咲く花の色を想うことにしましょう
わたしは花になるのです

雨はこころの汗を洗い
願うことの多い一日を眺めるのでしょう
そしてこの地にわたしがいたことを
いつか笑うように唄いましょう
わたしは花になるのです

窓辺にそっと咲く花
校庭の隅っこに咲く花
忘れかけた故郷の庭に咲く花

せっかくですから
ここに命を植えましょう
背伸びなどせず
いつか散る命の根っこに宿しましょう
わたしは花になるのです

できれば
あなたのそばにいて





01:03 | VERY GOOD !! | comments (4) | page top↑
朝のムコウから | top | 屋根の上の風見鶏

コメント

#
すてきな詩ですね、HOBOさん。

わたしもひっそりと咲く花になりたいな。
路地の片隅に咲く花でも、誰も来ない野に咲く花もいい。

…というのは嘘だな。
やはり、人には見てもらいたい。
たった一人の人でもいいから、やはり人には知っていてほしい。
自分のみがここにいる、と認識していても、それではやはり
寂しいものですよね。

ブログの良さはそこにありますね。
あの方が知っていてくださる。この方の存在をわたしが知っている・・・
どんな辺境の地で咲いていようと、ネットでつながっていれば、
あなたはわたしはまったくのひとりぼっちではない。

でも、そんな消極的な理由で花になり花を植えるのではなく、
人に何かを一つでも伝え残したいですね。

ああでも正直を言えば、大輪の花になって華麗に咲き誇りたかったかも
(笑)。

HOBOさん。やさしいコメントありがとうございました。
なんだかタイミングが嬉しかったです。

そうそう。前の記事のコメントの続きですが、HOBOさん、乙山さん、
t.grayさん、そらまめさん・・・みんなでいつか集まるようなことがあったら楽しいでしょうね(笑)。
どこにどういう風に話が転がっていくかなあ。
ありえないことですが、想像するだけでも楽しそうですね。

 
by: 彼岸花さん | 2010/09/05 02:07 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。
HOBOさんのお花はきっと可憐なイメージでしょうか?この4文、こころに残りました。

いつか散る命の根っこに宿しましょう
わたしは花になるのです。

できれば
あなたのそばにいて

わたしはここにいるよ、わたしはここにいるよ。
わたしはいつでもずっとここにいるよって、話しているのかな、話しかけられているのかな。見守っているのかな。
by: t.gray | 2010/09/05 23:05 | URL [編集] | page top↑
# 彼岸花さん、こんにちは!
彼岸花さん、こんにちは!

花は美しいですよね。なにが美しいのかというと、
生への執着というか、生まれ変わる運命を知っている。
ぼくはそう思うのです。笑っているような花。花を見て
いやな思いをするひとはいない。花は美しいです。
大切なひとのそばにいたいと思う気持ち、花のような
こころで、生きていきたいと思ったのです。
花麒麟がいいな。


HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/09/08 14:18 | URL [編集] | page top↑
#
t.grayさん、こんにちは!

暑い日ももう終わりそうですね。
花になりたいです。
必ず次のある人生がいい。
強く生きたいと思います。


HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/09/08 14:24 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。