スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

ぷぅ

ぷぅぷぅ
ぷぅ

叫んで

ぷぅが眠る丘
ぷぅの家
ぷぅ
ぷぅ

叫んで

ぷぅがいない
ぷぅがいない
ぷぅの声
ぷぅの歌
ぷぅ

ぷぅ
ぷぅ
ぷぅ

叫んで

ぷぅ

00:57 | GOOD ! | comments (2) | page top↑
傲慢がのぞくときには | top | 風のない夜

コメント

#
こんばんは。
これはまた、不思議な詩ですね。
「ぷぅ」って誰なんでしょう。または、何なのでしょう。
わからないのだけれど、なんとなく「不在の悲しみ」が
伝わってきます。

好きです、この詩。
by: 彼岸花 | 2010/10/28 00:33 | URL [編集] | page top↑
# 彼岸花さん
むかし「ぷぅ」とう猫を飼ってましてね。
死んでしまってもういないのに、ぼくは「ぷぅ!ぷぅ!」と
叫びながら毎日家に帰ってきたのを覚えています。もう部屋にいない
という現実を受け入れる勇気のないぼくは「ぷぅ!ぷぅ!」と叫ばないと
怖くて。淋しくて。切なくて。部屋の入れなかったのです。

不安なこころが。
想い出したんです、ぷぅのこと。
ぷぅ=ではないんですがね。

彼岸花さん、寒いですね。
いつもどうもです、彼岸花さん。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/10/29 08:54 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。