スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

こんな都会の空の下で

こんな都会の空の下で
肩を寄せて暮らす僕らがいる
僕らは今日も生きていたし
明日からもきっと生きているのだと思う
あらすじをなぞるだけの読書や
結末の見えているドラマなんかうんざり
そこにただ立っているだけのポプラの樹に
また今日も溜め息を吹きかけている
こんな都会の空の下で

00:31 | GOOD ! | comments (4) | page top↑
ばあばの手 | top | くちばしの折れた鳥

コメント

#
こんにちは。
あらすじをなぞるだけの読書
結末の見えているドラマに
うんざりしても
そこにただ立っているだけのポプラの樹に
希望のシンボルがあるのかもしれませんね
壁に描かれた最後の
一葉の
朽ちない葉っぱのように


by: t.gray | 2010/12/08 16:12 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさん
最後の一葉。
相手が大きくなればなるほど落ち込んでしまうことが
あります。安泰なんてものはないんだと。
ただついているテレビをながめるだけ、本にしても描写なんか
どうでもよく粗筋がわかればいい。流されて流されて。
ただ立っているだけに見えるがポプラの樹はなにを想うのでしょうか?
ぼくに溜め息をかけられ、
ここでいう『僕ら』とは、
とらえ方によってはとても後ろ向きなちいちゃな作品。
ただ文章をなぞるだけの目に映るこの作品は。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/12/10 09:39 | URL [編集] | page top↑
# ポプラの樹は何を想う?
わたしは、ここに、いるよ、わたしは、ここに、いるよ、

わたしは命、永遠の命 と言っているような

私たちは一晙一晙の景色や風景をいつも見ているのですが、
それを言葉に置き換え確認し
文字を見て立ち上がる映像が大事なのかなと
表、裏を認識し
映像だけでも文字だけでもダメで

人生はおもい通りには進まないものですが
無駄な体験なんて一つもないんですよね
人生は未知なるもので変化する

私、地道にこつこつと思いながら、季節はあっという^間に、師走です。が こつこつ。
by: t.gray | 2010/12/10 12:59 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさん
そうです、ムダなことなんてありませんよ。
だけどコツコツも期限付き。いつまでも続きませんよ。
のんびりとね。すこし焦って。
作品は、ぼくそのものですからね。
裏も表もみんな、ぼくそのもの。
ぼくのイメージとしては、一本の樹は芯があるもので。
水の流れは凄いらしいですよ、樹の生命というか。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/12/13 02:40 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。