スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

思う

もしも ボクのカラダが100個あったら
あの街あの街にも行ってみたいな
だけどココロはひとつだから
愛せるひとは一人だと思う
一人で充分だと思う
そう思う

分散する100個のカラダにひとつのココロ
ココロはひとつだからいいのかな?
だけどココロもカラダもひとつだから
求めるものはひとつだと思う
ひとつであるべきだと思う
そう思う

もしも ボクの命が100個あったら
その人もあの人も助けることができるのにな
だけど命はひとつだから
あとの無い道を歩むのだと思う
歩む道は一本でいいのだと思う
そう思う

代わることのできぬ切なさと生きて
ひとは花になり生まれ代わるのかな?
だけど花の命は短くて
散りゆく朝を目指すのだと思う
いちばん綺麗な朝だと思う
そう思う
18:34 | VERY GOOD !! | comments (4) | page top↑
「大好きだ」と言えば | top | ぼくは知っている

コメント

# こんばんは。
心象をスケッチしたような作品ですね。
この作品を読んですぐ、賢治の永訣の朝を思い浮かべていた私です。HOBOさんが岩手にいらっしゃるということもあるのかもしれませんね‥。妹との思いを雪になぞらえて、HOBOさんはお花で。
賢治にとっても、また妹へのいちばんきれいな朝だったんでしょうね。
by: t・gray | 2011/02/24 23:21 | URL [編集] | page top↑
#
追伸

sutekina作品ですね !
by: t・gray | 2011/02/24 23:34 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさんへ
宮沢賢治さんの『永訣の朝』、
そんな立派なもんじゃありませんよ。笑
しかし、この作品はぼくのせいいっぱいの前向きなこころが
書かせたモノなんですよ。いかなるときでも感謝して、謙虚にいられたら、
と思いますもの。
この詩はもしかして曲がつくかもしれませんね。そんなイメージで
つくりました。こころの内から湧き出る想いこそが生きる源なのでしょうね。
いつもありがとう、t.grayさん。
ぼくは青森より岩手のほうが合いますね。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2011/03/02 09:49 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさんへ
追伸、
これまた、うれしい表現のカタチ
ほんとにありがとう!

HOBO
by: Mr.HOBO | 2011/03/02 09:54 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。