スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

紙に書けないこと神に言えないこと

あした生きていること
いま眠れること
きょう生きられたこと
声が出ること
指が動くこと
すこし笑えること

ぼくは誰れなんだろう?
ここはどこなんだろう?

素直に喜べるもの
奥にある純情のようなもの
自分にしか解らないもの
見せることはないぼくのようなもの
思考回路と混じらないプランだけを書いたもの
アスピリンのように激しいもの

病んでるって言ったよね?
なぜ君にそれが判るんだい?

自分がいちばん見えにくいというがぼくはそうじゃない
ぼくは確かに誰れかの不幸を食べて生きている
好物ではないが決してキライでもない
そのことを考えるとぼくは気がちがってしまいそうになる
そのことを考えるとぼくはそこが恋しくてたまらなくなる
そのことを考えるとぼくはまた

ほんとうに君はぼくを知っているのか?
ほんとうは君はぼくじゃないのか?

あした生きていること
いま眠れること
きょう生きられたこと
声が出ること
指が動くこと
すこし笑えること

不思議だ
不思議でたまらない
02:03 | NO GOOD | comments (6) | page top↑
なあ | top | はないちもんめ

コメント

# 不思議
こんばんは。
いや本当に、ごく当たり前のことなのに、
よく考えてみれば不思議で仕方がないんです。
身体が、いろいろな部分の計り知れない複雑な組み合わせによって
動いてくれている。
これはやはりありがとう、というしかないですね。
by: 只野乙山 | 2011/10/11 23:24 | URL [編集] | page top↑
# No title
そうですね。
今日いちにち、わたしがここにいられたこと。
それに感謝しなくては、ですね。
それなのに、なにかもっと、を、求めてしまうなあ。

もっとたくさんの幸せ。
もっとたくさんの愛。
もっとたくさんの満足。

で。さびしい。

『素直に喜べるもの
奥にある純情のようなもの
自分にしか解らないもの
見せることはないぼくのようなもの
思考回路と混じらないプランだけを書いたもの
アスピリンのように激しいもの』

…ここのとこ、いいですね。
自分の内に、こういうものがある!って思うだけで
その奇跡を喜ばなくちゃいけないのに、なぜか、
誰かにもわかってほしいのね。
紙にも書けない、神にも言えないことを。






by: 彼岸花さん | 2011/10/13 01:47 | URL [編集] | page top↑
# 乙山さんへ
ありがとうしかないですね、ほんとに。
こんばんわ、乙山さん。
不思議でたまらないことってたくさんありますよね。
不思議なことを考えながら布団に入っていると眠れなくなりました。

ハーツフィールドやバロンで今の音楽を普通に聴いてみたいのです。
ネットのところにすこし穴があいたバロン。なぜこんなところに穴が
あいたのか不思議でたまらないのですが考えないようにしました。

乙山さんは、復刻の275や、C-22をどう思いますか?
よくできていますよね。不思議ですね。
自分の復刻ができたらどう思いますか?
不思議どころかあり得ないですよね。笑
ぼくは頭がいかれたようです。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2011/10/13 23:17 | URL [編集] | page top↑
# 彼岸花さん
ぼくは『純情』というものにとてもこだわり、
大切にしたいもののNO1としていつもポケットの中に。
変わっていく自分がとてもイヤで。純情をいつも。

詩をフレーズで書こうとしている自分がとてもいやですいが、
もうすこし待ってください。ただいま充電中。笑
個人的な作業ですよね、詩って、とても。
店を出したいとかあれをやりたいこれをやりたい。
なんかとてもおちつきのない毎日です。

HOBO
by: Mr.HOBO | 2011/10/13 23:36 | URL [編集] | page top↑
# 復刻
こんばんは!
復刻版のMC275とかC22が出ているんですよね。
オーディオ装置は生もので、とくにアンプの電解コンデンサーが危ない。
なのでよほどいい腕の修理業者を経たものでないと、
使ってどうなのかな、と思うのがヴィンテージなんでしょう。

MC275とかC22の復刻は、それなりに意味があると思うのです。
一応純正のものとしてMcintoshがリリースしたものなら、
使ってみてもいいのではないか、などと思います。

ウェスタン・エレクトリックなんかの超ヴィンテージにのめり込んだ人で、
オリジナル以外は認めない、と期限切れのコンデンサーを
いつまでも使い続けているケースもあるようです。
明らかにノイズ発生源になっているのに、それがそうだと認められないのです。

だけど本人がそれでよければ、OKなのではないか。
そのあたりも、オーディオの面白いところなんでしょうね。
MC275とかC22の復刻版、いい音だったんでしょう?
by: 只野乙山 | 2011/10/15 01:19 | URL [編集] | page top↑
# 乙山さんへ
遅くなりました、乙山さん。
こんばんは。

乙さん、
C-20,MC-30で鳴らすBARON は素晴らしいですわ。
ほんとうはBARONでは小さいと思ってるんです、店では。
どうしてもハークネスの横型かオリンパスS8RあたりがほしいHOBO
であります。275はデカ過ぎますよね。ほら、ギターでもなんでも
そうなんですが、レプリカ、リイシューはダメかもしれませんね。
ホンモノ、ニセモノとまではいきませんが、温かさと枯れかたが
ちがいますね。別物。オーディオは特にそれが極端なんだと思います。
ぼくの周りにはそんなヘンタイが少ないもんですから、どうしても
乙山さんの意見が訊きたくなるHOBOであります。出音がどうという
より、ホンモノを使うことの意味というか。
クラプトンも最近、ブラッキーを使わず新しいストラトを新しいピック
アップで鳴らしてるみたいですが、さすがに初期のアルバムのブラッキー
の音を聴くとなんというか情けないぐらい枯れていてカサカサしてて温かくて
シビレてしまいます。経年変化は作れないなあ、と思いますね。
ぼくたちも経年変化して枯れてゆくのです。
ヴィンテージですわ。ははは

乙山さん、
肉じゃがは豚ですね。
たまに、ひき肉で作る肉じゃがも悪くないですよ。
では、また、
乙山さん

HOBO
by: Mr.HOBO | 2011/10/17 01:48 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。