スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

三角窓のむこうに

バサバサと走る
古ぼけた僕のワーゲン
三角窓のむこうに
街の声が聴こえる

菩提樹の木の下で頭をまるめて
星に願いをこめても何も変わらない
口笛をふきながら神宮前をゆく
心にぽっかり 穴があいたまま

この街あの街と
思い出せばきりがない
けらけらと笑う君が
いつも僕の横にいた

あのペテルブルグの夢想家みたいに
河を眺めて詩をうたえるわけじゃなし
三角窓のむこうの街はざわめいて
あの頃と変わらない僕がいる

菩提樹の木の下で頭をまるめて
空に想いをよせても君は戻らない
三角窓のむこうの風はときめいて
あの頃と変わらない街がある

ただ 僕の右側がやけに淋しくて 
ただ 僕の右側がやけに淋しくて
20:35 | GOOD ! | comments (2) | page top↑
踵をかえして | top | ちっぽけな憂鬱

コメント

#
こんばんは。
フォルクスワーゲンでしょうか?
三角窓があるから。
小さな三角窓から見える世界は
そうたいして変化はなくて。
ワーゲンのなかの小さな空間だけが
変わっていて。
寂しさがこもっている感じですね。

PS 昔フォルクスワーゲンに乗っていて
(元ダンナの車でした。右ハンドルで)
あの車のエンジンの音が好きでした。
もう少し年取ったら、また乗りたい車です(^^)
by: きょう | 2008/04/06 23:30 | URL [編集] | page top↑
# きょうさん
そうざんす。
丈夫な車ですからね。早く乗らないと個体そものが
消滅します!独特な匂いがする車でござんす。おそらく
シートのなかの藁のようなものの匂いか、塗装の、なんか
甘い匂いのするカブトざんす。
by: Mr.HOBO | 2008/04/06 23:50 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。