スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

もうひとつのオールウェイズ

少年は100円玉を1個にぎりしめて
母さんの言った通りの食堂に来た
100円で食べれるものならなにを選んでも自由だと
食堂のおばさんは優しそうに笑った

いつも母さん土曜日は夜中まで帰ってこない
飯場の飯炊き 銭湯の掃除 もうひとつ土曜日は居酒屋で働いた
すり切れた服を着て長靴を履いた母さんは頼もしかったな
少年は土曜日の夜がくると泣きたくなった
100円玉机に置いて「行ってくるね、なんでも食べてね」とメモ紙に
少年は9時に閉まるこの食堂に毎週8時に行くことに決めた
〈全員集合〉が店のテレビで見れるからだ
ひとりで観る〈全員集合〉はつまらない
母さんとふたりで笑える土曜日が好きだったのに
食堂のおばさんが「何だバカヤロー!」と荒井注の真似をして笑かせてくれたが
少年はこのおばさんの顔をどうしても思い出せない
菅井きんに似ていたように思うのだが

少年は年老いた母さんを重荷だなんて思っていない
だけど母さんは少年に気をつかい老人ホームの案内書を勝手に取り寄せたりする
「ばかだな、なにも心配はいらないよ!」
少年はあの頃の母さんの歳をこえていた

ある日狸小路の古い食堂に母さんと行ったことがある
母さんは「へえ~、いろいろあるんだねえ」と感心した
少年は日払いの金があるから「何でも食え!」と威張っている
「100円でなくてもいいよ母さん、なんでも」と少年が言うと
「ああ、そんなこともあったね、根に持ってるのかいお前、、、」と言う
短冊のメニューを眺めると当たり前だが100円で食べれるものなんかない
「、、、高いねえ」と母さんが言う
「時代がちがうよ母さん、いいからなんでも食べて!」
480円の野菜炒め定食がいいと母さんがいうので少年もそうした
美味そうに食べる背中の丸い母さんは「ありがたい、、、」と泣いた

あの頃の100円はいまどのぐらいなんだろう?
もしかしたら1000円ぐらいの価値があるのかも知れないな
少年は野菜炒め定食を食べながらなにか言おうとしたが思い出せない
それはきっと言葉でなんか言い表すことのできない100円の重みなんだと思う

「ありがたい」はこっちのほうだよ、母さん
少年はくしゃくしゃになった老人ホームのパンフを
くるくるまるめ 空に飛ばした




13:56 | GOOD ! | comments (6) | page top↑
意志の階段 | top | タクシードライバーの日報

コメント

#
胸に浸むお話…
もう一つのオールウェイズ…私にもそんな思い出があります。
母はもうとっくの昔にいませんが…

私の母は、縫物をして私を育ててくれました。
来る日も来る日も、縫物をしていた…

HOBOさん。明日、ご入院ですね。
応援していますよ。
by: 彼岸花さん | 2012/03/28 23:15 | URL [編集] | page top↑
#
涙が出ました…HOBOさん死んじゃダメです。 何の病気ですか? 深刻な病気ですか? 気になってます… 心配しています。

お母さんの為にも…病気に勝って下さいね

まだまだ若いHOBOさん…もう一花咲かせましょう
by: 雪女 | 2012/03/28 23:37 | URL [編集] | page top↑
#
HOBOさん。
頑張ってって言っちゃいけないんだろうけど、頑張ってよ~~~!!!
by: 彼岸花さん | 2012/03/29 18:56 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2012/04/01 22:12 | URL [編集] | page top↑
#
HOBOさん、彼岸花さんに続いて私も言わせてください、がんばって~~~!
by: タロコ | 2012/04/02 03:18 | URL [編集] | page top↑
#
タロコさんに続いて言わせて下さい~ 頑張って~
手術は成功したのかしら? 気になって心配しています。
by: 雪女 | 2012/04/02 09:14 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。