スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

凸凹な影

いつのまにか
こんなに遠くまで
ひとり歩いてきた
振り向けばポプラの路に
ぼくの足跡がある

5月の風がほっぺたに
暖かいな
ポケットから
夢が落っこちて
ずいぶん軽くなったんだ

きらきらと輝く
斜めに差し込む朝の光
まぶしいな
いつかぼくが写した
想い出のキャビネ
捨てきれない夢なんだな

ああ!
取り戻せない距離が
この凸凹の影なんだな
5月の風を握りしめて
隙間から落ちるため息を拾う
金縛りのような
強い後悔をみる

この凸凹は
きみとぼくなんだな
きれいだな
きみを想う気持ちが
強ければ強いほど
光り輝くんだな

新しい校舎
農学部に続くポプラの路
イーゼルをかかえ
寄り添うように
凸凹の影は
ゆっくりと
ネガの中を行く

5月の風が
暖かいな
ぼくは
ぼくは
ここに居るんだな




10:22 | GOOD ! | comments (6) | page top↑
古い靴が乾いたら | top | HELLO! MR.BASSMAN

コメント

#
こんばんは。

>ポケットから
 夢が落っこちて
 ずいぶん軽くなったんだ
このフレーズがね、仕方ないというやるせなさを感じて、
なんだか自分のことのようで、胸にしみじみきます。
でも、今夜の詩は、恋愛詩、としてわたしは読んでしまいました。
凸凹の相手は、彼女じゃなくて、自分の夢かもしれないけど。
ネガのなかにまだある凸凹として成り立つ相棒にまだ想いが残っている感じ、です。

by: きょう | 2008/05/06 00:18 | URL [編集] | page top↑
#
この連休いそがしいなかコメントありがとう!
もともとミュージシャンなんで、恋愛をテーマにすると
「軟弱」だとか「キモイ」とかいわれがち。でもおれは
そんなことないと思ってる。恋愛を詩うというのは人生観、
生き様そのものだと思うんだ。恋愛を軟弱だなんていう奴
は本当の恋を知らねぇんだよ!なんちゃって!笑
進行形がいいですが、想いだす恋愛が沁みるのはオヤジに
なってしまったHOBOでしょうか!?
by: Mr.HOBO | 2008/05/06 09:41 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは。

色々な想いを抱えながらも、全体に、5月らしいすがすがしさをこの詩にイメージしました。

ただ前向きに、ではなく、いろいろな想いを抱えつつも少し軽やかなところに大人の詩を感じます。

解釈を間違っていたらすみません。
この詩を読んで、僕の頭にはハーモニカの音色が流れています(^^)。
by: HAPA | 2008/05/06 10:46 | URL [編集] | page top↑
#
むむ!ハーモニカ?なぜ?
ぼくはいつも外出するとき、ポケットに
ハーモニカを。なんか好きなんです、そんなのが。
いつもWATARUと話してるんですよ、HAPAさんの
詩のこと。リンク貼らせてもらっていいですかね?
北海道の5月は素晴らしいですよ!
by: Mr.HOBO | 2008/05/06 12:21 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは。

WATARUとは、響わたるさんのことですよね。
最初、このブログに遊びに来たときのプロフィール、「北国に住む」をみて、あれ、同一人物??と思ったんですよ。

北海道の5月は気持ちよさそうですね。

去年の11月に、たまたま仕事で札幌にいくことがあったんですが、その日は特別寒かったみたいで、最高気温が-5度でした。唖然としました^^;
by: HAPA | 2008/05/11 11:10 | URL [編集] | page top↑
# こんんちわ!
今日は母の日、豊平川の河川敷で遊ぶ家族の数もまばら
でした。なんか寒いです、まだ。家にいるのもなんだかね。笑
そちらは暖かそうですね。これから、行きます!
by: Mr.HOBO | 2008/05/11 13:51 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。