スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

この手

この手を見てごらんよ
全てを知っている手
刻まれた皺
自分のことだけで
思いやりの無い手

この手をポケットに入れなよ
わがままな手
温もりの無い指先
欲だらけの
みすぼらしい手

この手を天にかざせよ
ひとの為にと
雨をさえぎる潔い
傘のような
骨のある心

この手に魂を宿せよ
内側から温もりを
血液の流れに逆らわず
この身まかせて
輝ける手

この手を胸に当てろよ
けがれの無い手
指間を過ぎる風に
泪を渇かす
母の胸に似た
22:22 | GOOD ! | comments (7) | page top↑
アンティークになるぼくたちだから | top | 無題

コメント

#
大変に高尚な願望が秘められた謙虚さに心謳れました。しかし自分を傷め
過ぎるところもありますね~
その心の、葛藤がいいところなのかも・・・
by: 荒野鷹虎 | 2008/07/06 23:29 | URL [編集] | page top↑
# 鷹虎さん
ずっとパソコンの調子がわるくご無沙汰して
おりました。なんか最近落ち込むことがおおく
ヘコンでるHOBOです。自分らしいってなんでしょう。
by: Mr.HOBO | 2008/07/20 14:56 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/02/06 21:27 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/02/06 23:55 | URL [編集] | page top↑
# こんばんは。
 私はこの連が好いですね。
この手に魂を宿せよ/内側から温もりを/血液の流れに逆らわず/この身をまかせて/輝ける手
 特に、この手に魂を宿せよ、という言葉が好きですね。

 本当に良い作品には魂があり力や勇気を与えたり、安らぎを与えたりしますよね。その本質はまねすることはできないと思うのですが....
少し前まで私は自分の花についての夢や希望等のコメントを書いていました。締め切りが迫ってまして、できれば花を生けこむこの手に魂を宿せよと。


by: t.gray | 2010/02/08 00:59 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2010/02/09 01:20 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさんへ
いつもコメントありがとうございます!
文章というカタチのものはたしかに技術が必要かと思います。
しかしその中に魂は飾る事のできない「素」のものです。
考え方をつくるのは魂。

お花。
魂の宿ったお花。
大丈夫ですよ、あなたなら。


HOBO
by: Mr.HOBO | 2010/02/09 07:50 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。