スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

翳りない空を見上げて

風になりたいな
君の髪を過ぎる風になりたい
波打ちぎわに留まる想いに
重ねるように日々を抱きしめ

風になりたいな
潤った唇を乾かす風になりたい
投げ出しそうになる暮らしと
金縛るこの場所に埋もれて

洗濯物の揺れるベランダに
背伸びできる台を置こう
君の住むはるか離島を
見渡せる位置に腰を下ろして

旅の空から見下ろせる
この国は思うより大きいのかな
跨げそうなほどの君との距離を
錯覚だと気づく余裕などなく

風になりたいな
海を越えるいさぎよい風になりたい
その地に埋もれる日々の暮らしに
一瞬の光と温もりを届けよう

翳りのない空を見上げて
急いでいる雲がいたら それが僕だ
君は少しだけ微笑んで
ちいさく手をふるだけなのかな

 
14:54 | GOOD ! | comments (7) | page top↑
生活の柄 | top | わたしのワルツ

コメント

#
こんばんは。

みかけたら、両手を大きく振ってみようかな?
こんどは、どこへ行くの?と聞きながら(笑)
風のように、自由に、何処へでも行きたいし、
生きてみたいですね。
by: きょう | 2008/08/06 00:02 | URL [編集] | page top↑
# きょうさん
こんどは何処エですか!もっとロマンチックな
詩なんですが。わざわざ行ったよみたいな。笑
by: Mr.HOBO | 2008/08/06 00:09 | URL [編集] | page top↑
# 翳りない空を見上げて
コメントどうぞ。
by: t.gray | 2008/08/06 20:27 | URL [編集] | page top↑
#
>翳りのない空を見上げて
急いでいる雲がいたら それが僕だ
君は少しだけ微笑んで
ちいさく手をふるだけなのかな<

素敵な詩人ですね^^
壁に突き当たっても、壁の向こうの希望、夢
を思うロマンはさすが、HOBOさんらしいです。!
by: 荒野鷹虎 | 2008/08/07 11:52 | URL [編集] | page top↑
# 鷹虎さん
いやー、照れますねん。
ふと空を見上げると、みょうに急いでいる雲がある。
もしかして、あの雲はあの人かもしれない!
そんなわけないいか、少しだけ微笑んで手を少しだけ振って
みる。届かない距離を思い知る。文章の表現で哀愁は深くも
浅くもなりますよね。詩はいいなあ!
by: Mr.HOBO | 2008/08/08 18:18 | URL [編集] | page top↑
#
コメントなしで送信されてしまいました。失礼いたしました。ドジな私です。
改めて、こんばんは。いつも情景が目の前に現れるような詩ですね。言霊の幸わう国と申しますが、そのようなイメージもあり、
また言葉は人を幸せにも不幸にもしますが、言葉が愛する言霊となり思いを行動を周りにいる人たちに届けられるなら幸せですね

by: t.gray | 2008/08/09 19:34 | URL [編集] | page top↑
# t.grayさん
幸せになりたいと思えば、不幸せな場所から見る月は
輝いて見えるでしょう。幸せなどないのですものね。
自分らしく生きたいですね、でも自分って、何なんでしょうね。
幸せも自分も感じるもので、到達する場所ではないんだな。
むずかしいな。ありがとう!
by: Mr.HOBO | 2008/08/10 05:18 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。